今回は『モレッティ ラ フォルテ』をご紹介。

イタリアを代表するモレッティシリーズ。

そのなかでも「ストロングエール」なるイタリアでは珍しげなスタイルが登場。

フォルテはイタリア語で「強い」って意味。

アルコール度数が高めってことで名付けられたらしい。

モレッティ・ラ・ビアンカ

モレッティ -BIRRA MORETTI-

ぬま

今までのモレッティシリーズをリンク貼ったから参考にしてくれ

アルコール度数は7%。

330mlでお値段328円(税抜き)。

ってことでグラスへ注いでいく。

ほとんど濁りのない濃い目の黄金色。いや、少しオレンジ色が入ってるか?

泡は濃密&濃厚。持続もバッチリで力強さを感じるほど。

この力強い泡が時間とともに側面にへばりつきながら消えていく。

その様子を見ているだけで、クラフトビールとの静寂で優雅な時間が過ごせます。

そんでもって香りを確認。

ぬま

おぉ!レモンのような爽やかな香りがするぞ

まるでライトラガーのような軽やかなレモンの香り。

スポンサーリンク

フワッと軽やかかつ軽快に鼻を抜けていく。

そして後から漂ってくるのはハチミツの甘さ。

そこまで濃厚にバシッとくるわけじゃないけど、このレモンの爽やかな香りに1つアクセントを与えてくれる。

これは確かストロングエールってスタイルだったよな。香りだけじゃなんとも想像し難い。

ってことでそのまま飲んでみる…

ぬま

むむ!これは!飲み応え、濃厚な甘み、吹き抜けていく香り、どれもが揃ってるぞ!

飲んだ瞬間驚いた。そして唸った。「旨い」と。

口に含めた途端、どっしりとした力強くインパクトある口当たり。そして飲み応えがある。

だけど、その途中でハチミツの濃厚な甘みも広がっていく。

力強い飲み応え、そして濃厚な甘み。それだけで十分パンチが効いているんだが、それで終わりじゃなかった。

最後に訪れたのは、ハチミツの甘みを含んだフルーティーな香りだったのだ。

ササーっと潮が引いていくかのように。徐々に静かに、でも、「また来るよ!」と言いたげで。

この一連の流れが素晴らしいのなんのって。

モレッティシリーズのなかでも濃厚な部類なんじゃないか。

いや、イタリアビールのなかでも濃厚な一杯。

正直言って侮っていた。値段以上の味わいが楽しめるぞ。