今回は『モレッティ』をご紹介。

モレッティ社は1859年にイタリアで創業されたメッチャ古い歴史のあるビールメーカー。

ラベルに描かれてる髭のオッサンは1942年からモレッティ社のラベルに出てきてるんだとか。

なんといっても凄いのが、発売され始めた1860年から現在に至るまで、味わいがほとんど変わらないところ。

その甲斐あってか日本だけじゃなくて、アメリカ・イギリス・カナダなどなど、世界40か国で輸出されてるイタリアを代表するビールにまで成長。

イタリアビールっていうと…

ビッライタリアを紹介したけど、イタリア=ワインってイメージが強くて、どんな特徴があるのか読みづらいのよ個人的には。

ただ今回のモレッティは世界的にも有名なビール。

どんな味わいか期待しながらグラスへ注いでいく。

 

濁りがなく淡い色合いが特徴。

色合いだけで例えるなら青島(チンタオ)ビールに似た感じの淡さ。

泡は青島ビールみたいなライトラガーよりも濃密なものがモコモコと立っていく。

そんでもって香りを確認。

ぬま

トウモロコシみたいな甘い香りがするぞ…

ライトラガーによく見られるトウモロコシの甘い香りがふわっと、そしてしっかりと感じられる。

※ただ、レモン汁のような香りは確認できず。

濃厚な甘みを感じながら飲んでみると…

ぬま

んあぁ!甘みがありながらもシュッとした苦みも感じる

ただ単に甘みが濃厚なビールかな?なんて思ってたけど、苦みがしっかりあって素晴らしい。

その苦みもシュッと感じるだけで、嫌味&しつこさが無いのがまた良い。

更にはベースとなる甘みも濃厚。

甘みと苦みがハイレベルで味わえる。これ普通に美味いわ。

イタリアらしくピザに合わせるも良し。スナック菓子に合わせるも良し。つまみ無しで頂くのも良し。

あとイタリア料理の店にも置いてあることが多いから、もし見かけたら是非ともイタリアン料理と合わせてみてほしい。