今回はイタリアで造られるビール、『ビッライタリア』をご紹介。

イタリアってビールのイメージがないけど、「暑いときはワインよりビール!」って人が結構いるんだとか。

ぬま

イタリアって日差しも強いからな。オシャレ気取ってワインなんて飲んでる場合じゃないやろ

「DAL1906」は1906年に誕生したって意味らしい。

何気に100年以上も歴史があるんだな。

さてさて。イタリアのビールどんなものか。

事前に調べた情報だと、軽い口当たりで日本人の好みに合う作りになってるんだとか。

早速グラスへ注いでいく。

 

少し淡い黄金色。濁りは一切なくキレのありそうな味わいを連想させる。

泡の目は粗め。泡立ちは良いものの時間とともにすぐに消えていく。

そして香りを確認。

ぬま

香りはほとんどせず…。いや、全く香らないんじゃね?

頑張って何かに例えようとしたけどグラスの香りしかしない!よって無香!!

※改めて鼻を近づけてみたら麦芽の甘い香りが若干しました。

次に飲んでみると…

ぬま

しっかりとしたコクがある!飲み口もマイルドだし苦みの主張も強すぎない!

そこまで苦みが主張してこない。

そして、のど全体でしっかりと味わいたくなるコクが素晴らしい。ライトな色合いからは想像できないほど。

飲み口もマイルドで雑味もないから飲みやすい!

これならピザとかの味の濃い料理でもピッタリ合いそう!

苦みも控えめで日本人でも飲みやすい慣れ親しんだ味だと思う。