今回は『ドゥシャス デ ブルゴーニュ』をご紹介。

フランス語で「ブルゴーニュ公国の侯爵夫人」って意味らしいんだけど、造ってるのはベルギー。

ラベルにはブルゴーニュ公の娘が描かれている。

このビールで「へーー」って思ったのが造り方。

18か月間しっかりと熟成したビールと、8カ月間熟成の若いビールをブレンドして造るらしく、酸味がメッチャ凄いんだとか。

アルコール度数は6.2%。

お値段は1本550円。なにげに高い…。

ってことでグラスへ注いでいく。

 

修道院で造られたような熟成感あるダークブラウン。

少し茶色っぽくてキメの細かい泡がふっくらと盛り上がっていく。

そして香りを確認すると…

ぬま

熟したチェリーのような香りがするぞ!ってか酸味がメッチャ凄い!!

まず初めに感じたのが熟された酸味のようなもの。

思わず「酸っぱ!!」って言いたくなるほど。

でも、どこかフルーティーな香りも感じられて香りに奥深さを感じる。

「これ絶対美味しいパターンじゃん」なんて思いながら飲んでみると…

ぬま

んごぉ!!しっかりとした酸味のなかにも甘みがふんわり……。なんちゅー絶妙なテイスト!

一言でいうと「スンゲー味わい」←語彙力

とにかく今まで味わったことのないものを感じた。

どんな感じか説明すると…

①カシスのような酸味がブワッと口のなかで広がる
②広がった酸味が、今度はフルーティーな香りに変化する
③最後に麦芽の甘みがジワ~っと余韻で残る

今までの修道院ビールだと…

シメイ・ブルー

オルヴァル -ORVAL-

みたいに干しブドウのような味わいかな?なんて思ってた。

けど、ドゥシャス デ ブルゴーニュはそれとは全く異なる味わい。とにかく酸味がスゴイ!

そして後からくる甘みもあってバランスが絶妙!

値段は550円と可愛くないけど、それに見合う味わいを楽しめると思う。

適温は8~12度らしいので、あまり冷やし過ぎずに飲んでほしい。