オーストラリアと言えばVBらしいぞ。

今回は『ヴィクトリアビター』をご紹介。

オーストラリア最大の醸造所「カールトンアンドユナイテッドブルワリーズ」ってところが造ってるらしい。

現地でもメッチャ有名でかなりのシェア率を誇るんだとか。

ヴィクトリアビターは1854年に造られ始めた、150年以上の歴史あるビール。

当初オーストラリアでは低品質なビールばっかりみたいで、製造者がうんざりしてたことからVBが誕生したんだとか。

当ブログでは初となるオーストラリアビール。

果たしてどんな味わいなのか?

早速グラスへ注いでいく。

 

敢えて似た者同士でずんぐりむっくりなグラスをチョイス。

銅に近い色合いで濁りはほとんど無い。

泡の目は割と細やかで、ビールと泡の割合を7:3で長くきちんと保てるほど長持ち。

香りを確認すると…

ぬま

香りは控えめかな?ホップの苦い香りが若干するかな?程度だぞ

オーストラリア全土で愛されるだけあって、クセの少ない香り。

瓶のデザインで「メッチャ尖った香りなんじゃね?」なんて想像してたけど単なる想像だったわ。

味わいも王道っぽい感じなんだろうな~なんて思いながら飲んでみると…

ぬま

思ってた味と全然違う!いぶし銀なテイストだなコレ! 

スモーク感ある麦芽の甘みがジワ~っと口のなかで広がっていく。

その後も鼻を抜けていくホップの苦い香り。

この香りが爽快でグビグビ飲めちゃうんだけど、ジワーっと広がる甘みもじっくり堪能したくなる。

◆スーッと抜けるホップの爽快な香りを楽しむも良し。
◆じっくり広がるスモーク感ある甘みを堪能するも良し。

少なくとも2通りの味わい方があるヴィクトリアビター。

オーストラリアの定番ってことで押さえておきたい一杯。