今回は『ウェストマール トリプル』をご紹介。

ベルギーの修道院で1836年から造られ始めたビール。

ぬま

キタキタぁーーー!修道院ビール!

修道院で造られるビール(トラピストビール)に最近大ハマリ中の俺氏。期待MAX。

アルコール度数は9.5%。

お値段は550円。普通の感覚だと「高ッ!!」ってなるけど、トラピストビールはだいたいこんな価格よ。

ちなみにトリプルっていうのは淡色でアルコール度数がおおよそ7%~9%のビール。

ダブルってのもあるんだけど、こっちは濃色で4~6%のもの。

ぬま

高アルコール=色が濃いってのは間違いだぞ!

ってことで前置きが長くなったけど、グラスへ注いでいく。

 

無濾過のような濁り。綺麗な黄色。

泡は目が細かく、注ぐとモコモコと膨らんでいく。

この泡のモッサリ感…

デュベル(Duvel) と泡立ちの様子が似てる。※デュベルもベルギービールやで!

 

ってことで香りを確認。

ぬま

鼻をシュッ!と刺激する酸味!トラピストビールらしい酸味が最高ぅ~~!

バナナのような甘い香りもありながら、ふとした瞬間にシュッ!と刺激する酸味。

香りもデュベルと似た印象を受ける。

これは絶対に旨い!飲む前からわかる。絶対に旨いやつ!

期待大にして飲んでみると…

ぬま

熟成感たっぷりの干しブドウの味わいが口いっぱいに広がる…メッチャ美味い…

やっぱりメチャ美味しかった!!

トラピスト(修道院)ビールに見られる干しブドウのような味わい。

口に含めるとソレが口のなか全体にふわ~っと広がっていくのが最高に美味い!

飲んだ瞬間「あ~~美味い」って言っちゃうほど。

その後もピリッと感じる酸味が良いアクセントになってて、一口飲むだけでずーっと楽しめちゃう。

もう1度言わせてくれ。







店頭価格550円と高めだけど、買い手を絶対に裏切らないハイレベルな味わい。

見かけたら是非とも飲んでほしい。