先日会社の、それはそれは大きなイベントに参加したのだ。

会も盛大のうちに終わり、皆で「お疲れすぅ~」的なことを吐きあっていると、それはそれはお偉い方がいきなり

「俺くんお疲れさん。これ飲みなよ」。

従業員が数百名規模の勤め先。そこの実質No,1であるお方から直々の「お疲れさん」。

更にはお品物まで。

ぬま

あっあ…あざーーす!!

全身全霊を込めたお辞儀とともにソレを両手で受け取る。

見てみるとみんなが大好きなビールだったのだ。それもプレミアムモルツ

だが、よく見てみるとプレモルの様子がおかしい。なぜだかいつもと違う。

受け取ったソレをくまなく見てみると…

ぬま

賞味期限が5年も過ぎとるぅーーー!!

正確にいうと5年4か月。中学生だった坊主も成人するほどの年月だ。

ただ、お偉いさんからもらった時点では全力の笑顔。悲しいかな。

その人が帰ったあと、これをもらった他2名と「さすがに賞味期限切れは無くね?」的なことを話してたんだけど、最終的には3人とも歓喜の表情。

ぬま

もしかしたら5年の月日で良い感じに熟成されたんじゃないですかね?

的なことを言ってみるが、うち1人の管理栄養士に「いや、それは絶対にありませんね」と一蹴。

ただまぁとりあえず飲んでみましょ!ってことでグラスへ注いでいく。

なんだかプレモルってこんな色だったっけ?

まるでヴァイツェンのような濁り。そしてオレンジ色のビジュアル。

初めは濁りもそこまで無かったんだけど、注ぎきる最後の方に酵母?らしきものが一気にダァーっと入ってきてご覧の通りの濁り具合に。

泡は目が粗くてシュワシュワと音を立てる感じ。これも「あれプレモルってこんな泡立ちだったっけ?」と。

あらゆる猜疑心的なものに包まれながらも香りを確かめてみる。

ぬま

香りは……うん……そこまで変わらんかな?

普段とは違い、黄桃のような香りが若干するんだけど、まぁ気の持ちようだと自分に言い聞かせる。

たぶん普通のプレモルと変わらん。

そう、普通に売ってるプレモルを買ってきたんだ。それが普段とは明らかに違う濁りと香りを放ってるだけなんだ。

き っ と 大 丈 夫。

この言葉を3回ほど言い聞かせていざ飲んでみる。

ぬま

あれ?なんか普通に美味しいぞ

なんだかおかしい。変だ。妙でへんてこで突飛で。更には異様でへんちくりんで希代だ。

プレモルと言えば麦芽の濃厚な甘みが口いっぱいに広がる。それがユーザーの心を打ってきたのだ。

なのにコレはなんだ。

まるでヴァイツェンのような、まろやかな飲み口とバナナのような甘み。

「酸化しているのでは?」なんて前評判を軽く覆す、オフェンス要素を一切排除した味わい。

これはコレで商品として十分に成り立つのではないか。

今回は『プレミアムモルツ -師走の那須高原から送る曇りなきヴァイツェン-』をご紹介!的な。

誰にも気づかれず、だけど破棄もされず耐え忍んだ5年で、プレミアムビールの王道を行くプレモルは更なるステージに舞い降りた。

もし期限を大きく過ぎたビールがあるのであれば、是非試してほしい。

麦芽・ホップ・酵母たちは、「いつか夢見る日を」と長きに渡り耐え忍んでいるのだ。飲まない他ないだろう。

ってことでレビューは以上。

※飲んだ次の日、職場の管理栄養士に「昨日アレ飲みました?」的なこと聞いたら

『あっアレ半分飲んでもういいやってなりました』と。

ここまで黙ってましたが私は味覚音痴です。