今回はベルギーの修道院で造られるビール『シメイ・ブルー』を紹介する。

シメイ(CHIMAY)はベルギーのエノー州シメイって地名から。

エノー州シメイのなかにスクールモン修道院ってのがあって、そこで造られているビールなんだとか。

しかも、現在では日本でも数多く流出している修道院ビールのなかでも、シメイは最も多く市場に出回っている超メジャー銘柄。

アルコール度数も9%と高め。

ってことでグラスに注いでみる。

 

ダークブラウンに少し赤みがかかった色合い。

グラスへ注いでいくと、細やかで濃密な泡が一気に立ち始める。

そして持ちも良く、7:3の割合をいつまでも保ってくれる。

そして香りを確認。

焦がしたキャラメルのような香ばしさがあり、そのなかに干しブドウのようなものを感じることができる。

シメイ・レッドだと、干しブドウの香りが最初に香り、その後にキャラメル香があった。

 

ブルーの場合はレッドと順番が逆になってる。

ただ、それだけじゃなく干しブドウの香りにフルーティーさを感じることもできるのがブルーの特徴。

ぬま

なんとも……スパイシーな味わい……。メチャクソに美味い!

飲んだ瞬間、キャラメルの甘みを感じる。

けど、その後すぐにフルーティ&スパイシーな味わいが口のなかでブワッと広がっていく。

酸味をすんごい感じるから、なんとも刺激的な味わい。

香り&味をひと通り楽しんだ後も酸味が口のなかで残ってて、ゆっくりゆっくり消えていく。

この味わいの変化、いつまでも残るスパイシーな味わい。

是非とも一口づつゆっくり楽しんでほしい。口に含むのは少量がベター。

本当に素晴らしい一杯になってると思う。

シメイを始めとした修道院で造られているビールを日本国民はもっと飲むべきだと思う。

マジでそう思えるほどにトラピスト(修道院)ビールは秀逸なものが多い。

シメイ・ブルー。是非とも飲んでくれ!