国にこだわらず、そこにある原材料&技術で高品質ビールを造りだす。

それをコンセプトにしたのが通称「国境なきビール」。

当ブログでも同シリーズを紹介した。

(過去記事)THUNDER ROAD ペールエール

上記記事のビールに関しては正直いって「また飲みたい!」と思えるレベルでは決してなかった。

ただ、今回はリベンジとして別のスタイルに挑戦したいと思う。

今回は『THUNDER ROAD パシフィック』

ギャラクシーホップなる、パッションフルーツのような香りあるホップをふんだんに使用した一品。

 

パシフィックエールとは「喉の渇きを潤す飲みやすさを追求して開発されたスタイル」とのこと。

公式HPでも「最初の1杯目にピッタリ」との謳い文句。

 

 

栓を開け香りを確認すると、パッションフルーツのような華やかでフルーティーな香りがガンガンする。

ぬま

これが前述のギャラクシーホップの香りか!

パイナップルのような香りも確認できて、メッチャ爽快さを感じる。

グラスへ注いでみると…

金色に少しオレンジがかかった見た目。グラスの奥が透けないほどの濁りもある。

泡は若干粗目で2分ほどで無くなる。

飲んでみると、前述のパッションフルーツやパイナップルのフルーツ感がふわっと口の中で広がる。

苦みはほとんど無く、なんとも軽やか&スッキリで飲みやすい造り。

華やかな香りとは対照的にライトな味わいと飲み口。

ペールエールVerは正直いって「ただ苦いだけ」で個人的には好ましくなかった。

けどパシフィックVerについては特徴的な香りと飲みやすい味わいでGood Job!って感じ。

これで245円だったら良心的なビールだと思う。

西友なら結構見かけるから発見した時には手に取ってほしい一杯。