またもやビール大国ギーで造られているビールの紹介。

もうね、ベルギービールってマジでどれも丁寧に作られてて秀逸。

今回紹介する「Chimay Red」もその1つ。

シメイは修道院で昔から作られてる由緒あるビール。

スタイルは「デュッベル」

デュッベルは「2倍」って意味なんだけど、何をもって2倍なの?って思うよね。

それは麦芽の量でありアルコール度数なんだ。

※正確に2倍って意味じゃなく、修道院で飲まれているシングルビールよりも多いって意味。

修道院はアルコール度数の低いシングルビールなら飲んでもOKらしい。しかも制限なし。日本で働いてたら負け。

 

色は濃い茶(ブラウン色)で、少し赤みがかった濃厚&きめ細かい泡が特徴。

生産地 ベルギー
原材料 麦芽、ホップ、スターチ、糖類
アルコール度数 7%
内容量 330ml
値段 380円
購入した場所 ベルク(スーパー)

干しブドウのようなものが最初にフワッと香りつつ、後からキャラメルのような甘さも漂う。あと黒スグリ(カシス)の苦味もほのかに香る。

香りからして濃厚そう。

飲んでみると、焦がしたキャラメルのような甘みと、ほのかに感じる酸味が同時に押し寄せつつ、苦味が後からやってきて、じっくり…ゆっくり広がっていく。

この味の変化がスゴイ。これがChimay Redの楽しみ方の1つだと思う。

めちゃくちゃ濃厚な味なんで、肉料理とかチーズに合うかな?なんて思ってたけど、その幅は思った以上に広い。

控えめな塩っ気でも十分楽しめそう!ってことで落花生(千葉県ならでは)を合わせてみることに。

 

ぬま

思った通り、重厚な味わいに落花生のほんのり塩っ気が最&高

色んな料理に合わせられる一杯だと思う。

そしてクラフトビールのなかでも、いつもとは違った味わい。赤ワインを飲んでいるような感覚

じっくり口のなかに含んで、甘み・酸味・苦みの変化を楽しんでほしい。