今回はいかにも海外のクラフトビール!!って感じのものを紹介。

説明は後にして、まずは画像をドン!

その名も『フレンスブルガー・デュンケル』

めちゃくそ格好良いでしょ?いかしてるでしょ?ウキウキするでしょ?

見た目が男心をくすぐるデザイン。

この栓とかどうやって開けるんだよ!ってツッコみたくなる。珍しい&好奇心をそそる作り。

そして栓に描かれてるデザインも格好良い。

ちなみに、このフレンスブルガー・デュンケルは、一般的なデュンケルスタイルと比べると甘さが控えめで、麦芽の香ばしい香りが特徴らしい。

いかにも海外ビール!って感じのデザインにマジで興奮してたんで、早速グラスに注いでみようとすると…

ぬま

………。ちょっ……、くっ!あ、開かない……初見クリア不可能なやつじゃね?

ここでトラブル発生。開け方がわからん。

興奮冷めやらぬままググってみると問題解決。

ラベルの裏側から親指の部分を押すと(両サイドから押すと尚良い)チュポン!って音とともに開栓。

開くとこうなる。そして、グラスに注いでいくと…

銅色のようなチョコレートのような色合い。

そして、注いだ瞬間にブワッと感じるナッツの香ばしさ。色合いにマッチしてて期待が勝手に膨らんでく。

 

飲んでみると、ほんのりとした甘さ(デュンケルのなかでは控えめ)を感じつつ、ローストされた麦の苦味がある。

ただ、舌触りがクリーミーで、メジャーどころで言うとGUINNESSに似た柔らかい舌触りを感じる。

他にも、焦げ目がしっかりつくほど焼いたトースト&ナッツの香りが複雑に混ざり合って香ってくる。

味がスゴイしっかりしてるから、つまみは無くてもOK。合わせるとしたら、甘めのスイーツだと香ばしいビールの味わいにマッチしそう。

濃い色合いから、口に含めるとローストされたナッツが深く香る。

このお洒落ビール。見た目とは裏腹に落ち着いた味わいがあるから、じっっっっくりと楽しんで飲んでほしい。