今回は『ヴェルテンブルガー -アノ1050-』をご紹介。

世界最古の醸造所が送る

オクトーバーフェストの季節限定発売の

ドイツビールが登場。

ぬま

こりゃー美味しいに決まっておりますな

造っているのはヴェルテンブルク修道院。

ここは7世紀に創建され、ビール醸造は1050年には始まっていたと。

やばい。1000年近くビールを造っている。軽くやばい。

3種類のホップと淡色・濃色2種類の麦芽を用いた下面発酵のビール。

アルコール度数は5.5%。

500mlでお値段486円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

オレンジ色かな?淡い琥珀色か?透き通っていて濃厚そうなビジュアル。

スポンサーリンク

泡立ちはそこまで良くないんだけど、きめ細やかで、一旦泡が出来るとバッチリ持続してくれる。

時間が経ってもグラスで存在感を示してるし、側面にへばりつく泡が濃厚そうな味わいをより強く演出してくれる。

そんでもって香りを確認。

ぬま

フルーティーで、かつ麦芽の甘い香りが漂うな……

一言でいうと豊かな香り。

グラスを近づけた途端、フルーティーな香りがフワ~っと漂ってくる。

軽やかで華やかな香りに麦芽の甘さも内包されてて、芳醇なひと時を与えてくれる。

そこまで主張は強くなんだけど、思わずなんどもグラスを運んでしまう上品なお香り。

華やかな香りがいつまでも残る感覚が素晴らしい。これは来た出来そうだ。

そのまま飲んでみると…

ぬま

軽やかでフルーティーな香りと麦芽の甘みのバランスが凄いな

まろやかな口当たり。ただ、不思議と軽やかにスッと入ってくる。

最初に感じたのはフルーティーな香り。口に入れた途端に全体へと広がっていく。

そしてお次は麦芽の濃厚な甘み。爽やかな香りとは相反するようにどっしりと染み渡る。

最後はまたもや爽やかな香り。これがスーーっと鼻から抜けていくのだ。

軽やかに広がるフルーティーな香りと、麦芽のどっしりとした甘み。

この2つが絶妙なセッションを繰り広げてくれる。

さすが本場ドイツのビール。そして秋限定ってのが惜しい。