今回は『ジャックハマーIPA』をご紹介。

遂にきましたこの時間が。

ホップの魔術師。ホップを使わせたら右に出るものはいない。

ホップの神様ブリュードッグが送るIPAを頂く。

ブリュードッグの説明を今更しようなんぞ思わない。気になるんだったら調べてくれ。

今回の『ジャックハマーIPA』は、苦みを表す数値「IBU」が200を超える超ど級のパンチ力。

ホップ中毒者である僕は、この数値を見て思わず歓喜の声を挙げてしまうほど。楽しみでしょうがないのだ。

アルコール度数は7.2%と少し高め。

330mlでお値段598円(税抜き)。

ってことでグラスへ注いでいく。

濁っておりますな。良質なIPAに見られる濁りが健在ですな。期待が高まりますな。

少しオレンジ色っぽいビジュアル。これぞIPA。ありがとうブリュードッグ。

そして泡。目が細やかで濃密。持続もバッチリ。もったりとした重厚な感じを受ける。

そして香りよ。実はグラスに注いでいる時点でメッチャ香ってきたんだけど、改めて堪能してみることにしよう。

ぬま

シトラスの強烈かつ弾ける香りが最&高です。最高です。

これぞIPA!

弾けるシトラス。突き抜けるシトラス。所狭しと暴れるシトラス!

ホッピーでジューシーで、躍動感あふれるファンキーな香り。

スポンサーリンク

これはもう……アレですね。









ってことで頂きます。

ぬま

最高だよ。これ最高だぜ

何から語ろう。とにかく最高だよ。

口に含めた途端、ホップ中毒者を歓喜の渦へと巻きこんでいく、強烈かつ剛力をもったフルーティーな苦み。

思わずカッと目が開いてしまう刺激。

ただ、この強烈な刺激の前に若干ながら麦芽の甘みのようなものが感じ取れるのだ。

一瞬ながら濃厚な甘み。この味わいを察知したときは「おや?まろやか&甘いIPAなのか?」なんて思う。

けど、それは瞬く間に幻影となって消え失せる。前述のTHE暴力ホップが暴れ始めるのだ。

苦み、そしてシトラスのようなフルーティーで爽快な香り。

これが、いつまでも余韻として長く残ってくれるのだ。

1口で長く楽しめちゃう。ジーンと響くように染み渡る苦み&香りに、思わず感謝の言葉が漏れてしまう。

ありがとう。なんて素敵なビールを造ってくれたんだ。

料理と合わせるなんぞ無くて結構。コイツと1対1の真剣勝負をしてほしい。

そして見事なまでに打ち負かされてほしい。

IPAファンなら絶対に納得のいく味わい。ホップ中毒者の俺が言うんだから間違いない。