今回は『ファゾムIPA』をご紹介。

クラフトビールの激戦区アメリカのカルフォルニアで造られる一杯。

もともと家でこじんまりと醸造してたんだけど、ブルワリーを開業。コンテストでも受賞したり、とにかく破竹の勢いで拡大。

いまでは海外でも販売されるようになったストーリーを持つ。

造っているのはバラスポイントってブルワリー。

※スカルピンIPAも同じブルワリーやで。

アルコール度数は6%。

355mlでお値段429円(税込)。

ってことでグラスへ注いでいく。

見てくださいよこのビジュアルを。

オレンジがかった色合い。そして若干ながら濁りもある。良質なIPAに見られるソレですよ完全に。

泡も濃密。モッチリ。グラスにへばりつく感じも素晴らしい。

これは期待しちゃうよね。「お前さんは私を満足させてくれそうだな」って。

まずは香りフェーズ。そっとグラスを寄せてみると…

ぬま

おぉ!?思ったより優しい香りだな

弾けるようなホップの香りを想像してたけど意外や意外。

スポンサーリンク

甘くてジューシーで優しい香りが、まるで鼻を包み込むように広がってきたのだ。

IPAにしては柔らかい刺激で、入門編のような造り。そこまで強く訴えかけてくるものが無い。

これは味が読めなくなった。果たしてどんな味なんだろうか。そのまま飲んでみると…

ぬま

おぉ!すっごいジューシーで飲みやすいぞ!

これまた意外。

まろやかな口当たりから、濃厚かつジューシーな甘みが広がっていくのだ。

更にはオレンジピールのような味わいも確認できる。

その後にやってくる駆け上がるようなホップの苦みも心地よい。これぞIPAの苦み。

ただ、バリバリのIPAみたいに強烈な刺激が無いのが特徴。まさにIPA入門編にふさわしい造り。

しっかりとIPAらしい苦みも堪能できつつ、甘くてジューシーな一杯。

IPA=苦くて嫌だ。なんて人でも十分楽しめるのではないだろうか。