ブログを執筆する消費カロリーで、美味しいビールも実質ゼロ㎉みたいにならんかな。

なんて想像を常日頃絶やさない私でございます。

そんな僕が今回紹介するのは『ウルフ8』。

ベルギーのウルフ醸造所で造られる、2008年創業の若手ブルワリーの一杯。

以前ウルフ・ブラック

を紹介したんだけど、今回は炒った香りの楽しめるブラウンエール。

ウルフシリーズには、前述の「ウルフ・ブラック」のほかに「ウルフ7」「ウルフ8」「ウルフ9」があるんだけど、数字の意味は調べてもわからん。

分かるのは…

「ウルフ7」…ゴールデンブロンドビール
「ウルフ8」…ブラウンエール
「ウルフ9」…ダークアンバービール

数字を重ねるごとに重厚な味わいになっている模様。

アルコール度数は8%。

330mlでお値段473円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

同シリーズのウルフブラックとは全く異なるブラウンエール。

まるで修道院ビールかのような濃厚かつ重厚なビジュアル。

泡は目が細やかで、パチパチと音を立てる感じが、かなり軽やかそうな印象。

けど、持続性はメッチャあって、飲み終わるまでしっかりグラス上で存在感を示している。

そんでもって香りを確認。

ぬま

こぉぉ…。熟成感のある干しブドウのような香りやん…

これはアレですね。僕の大好きな修道院ビールのような香りがしますね。

干しブドウのような酸味を含んだ香り。

スポンサーリンク

しかも、熟成に熟成を重ねたようなこの香りは、長~い時間をかけて鼻を包み込んでいく。

これはワイングラスにした方がよかったかな?いや、たまには縦長のグラスで味わってみるのも良いかも。

土器をムネムネさせながら飲んでいく。

ぬま

んあぁ……。強烈……。この酸味がたまらん

思わず顔をしかめてしまう程の強烈な酸味。

熟成感たっぷりな酸味。そして干しブドウのような味わい。

これよ。これだよ!久しく修道院ビールっぽいビールから離れてたから感覚を失いかけてたけど、俺が好きなのはコレだよ!

まろやかな口当たりから急に訪れるキュ~っとしたファーストコンタクト。

その次には干しブドウの酸味がじゅわ~っと広がっていく。

ただ、これだけ強烈だったのに、引き際は極めてアッサリ。

あれだけピッチ上で大暴れしてたのにも関わらず、あまりに潔く消えていくのだ。

そして次の1口で再び大暴れ。なんと強烈なビールなことか。