今回は『ハナレイ -アイランドIPA-』をご紹介。

大きな仕事から解放され羽を伸ばしに伸ばしていた先週。

バカンス気分だった俺を再び引き戻そうとする、アロハなデザインが今回のターゲットだ。

造っているのは、ハワイNo,1クラフトビールである「KONA」。

そのKONAが、2017年2月に通年商品として発売したのが『ハナレイ アイランドIPA』。

特徴は、南国フルーツをふんだんに使っていること。

パッションフルーツ、オレンジ、グアヴァを使ったトロピカルな味わい溢れるビール。

商品名になっている「Hanalei(ハナレイ)」は、三日月形を意味し、ハワイ最古の島「カウアイ島」にある湾も三日月の形をしていることから、そう呼ばれているんだとか。

栓はKONAシリーズ特有のヤモリ?イモリっぽいやつ。

アルコール度数は4.5%。

330mlでお値段429円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

色んなフルーツが混ざっている影響か、マンゴーのようなフルーツっぽさを感じる。

濁りも若干あって、まさにIPAって感じ。それも良質な。

泡は目が粗いんだけど濃密&濃厚。しっかりとグラスで持続してる。

これも良質なIPAって感じで期待が高まる。

さてさて、今回はフルーツたっぷりのIPAってことで、どんな香りが楽しめるのか。

そのまま香り確認フェーズへ突入していく。

ぬま

マンゴー?オレンジ?とにかくフルーツの甘い香りがプンプンするぞ!

鼻を近づけた途端、ガバ!っと鼻を覆うように広がるマンゴーのような香り。

それもメッチャ甘くて、搾り汁をそのまま嗅いでいるようなインパクト。

とにかく濃厚で甘い香りが全面にバシバシやってきたのだ。

スポンサーリンク

あまりのフルーツ感に、IPAらしいホップらしい感じは探知できず。

いや、これはこれで斬新で結構なことで。こんなIPAもあるんだな。

そのまま飲んでみると…

ぬま

ぬあぁ!意に反して…顔を…しかめちゃう…

なんと強烈な刺激なんだろうか。ただただ唖然とした。

含めた途端パッションフルーツの弾けるような味わいがあったかと思いきや、後から訪れる刺激に思わず顔をしかめてしまったのだ。

この刺激はなんだろう。フルーツの酸味のような、パッションフルーツの残撃のような。

とにかくフルーツの何者かによる刺激が、化粧水デビューしたばかりの俺の顔をしかませてくるのだ。

それも刺激が尻上がりなもんだから、もう最後の方は「クアァ~」と声が漏れるほど。

コレは何とも新鮮&斬新。フルーツの刺激で顔をしかめさせてくるとは。

これはホップ中毒者なら1度は手を出してみることをお勧めする。新たなるIPAの刺激に打ちひしがれてみてくれ。