スーパーをウロウロしてたら目に留まったビール。

あまりに好みのデザインだったから、詳細とか見ずにカゴに入れてしまった。

そんな感じで購入した一杯を紹介する。

その名も『ウルフ・ブラック』

どう?めっちゃ格好良くね!?

真っ黒な缶に刻まれた天を仰ぐ金色のオオカミ。

画像だと分かりにくいけど、ビールらしからぬ細長い缶ってところも高ポイント。

しかもプルタブが黒になってる。

初め「エナジードリンクかな?」なんて勘違いするくらいの見た目だったけど、ビールコーナーに置いてあったからとりあえずカゴに入れた完全なるパケ買いのビール。

原産がベルギー。

ベルギーの「ハーヒト」って醸造所がこのウルフ・ブラックを造ってて、それを「㈱ユーラシア」が独占販売権を得て売ってる構図らしい。

あまり見かけないのはその独占販売権うんたらの影響かと思われ。

ってことで早速グラスに注いでみる。

 

少し濃い目の黄金色。グラスに注ぐと缶の黒いデザインとかなりギャップがある。

ピルスナースタイルにしては泡がメチャクチャきめ細やか。

飲み干すまで泡が残ってたから、持ちはかなり良い。

鼻を近づけるとキャラメルのような甘い香り。

ピルスナースタイルには珍しい香りで、これもデザインとは印象がかなり異なる。

飲んでみると、舌や口に絡みつく飲み口で濃厚な味わい。

前述のキャラメルは香りほど主張が強くなく、ほんのり口全体に広がっていく。

最後のほうに苦みが味わえるけど、全体的には甘く重い造りになっている。ピルスナーなの?って思うほど飲み応えのある味わい。

完全にパケ買いした商品だけど、シンプルで格好良いデザインと甘さを含んだ濃厚な味わいにギャップを感じる一杯だった。