バレンタインが近づいてきましたが、今年こそは会社の若い女の子から「これ…良かったら…」的なあれをアレしてる私でございます。

ってことで今回は『ブリュードッグ・インディー』をご紹介。

イギリスと言えばブリュードッグ。ホップの使い手ブリュードッグ。

世界中にコアなファンを持つブルワリーから、「いつでも、どこでも、だれでも楽しめるように」ってコンセプトで造られたペールエールが登場。

爽やかな香りと、ビターなホップが味わえる低アルコールに設定された一杯。

アルコール度数は4.2%。

350mlでお値段299円(税込)。

有名な海外のビールにしては良心的なお値段。

ってことでグラスへ注いでいく。

濃厚なオレンジ色!あぁもう!これは期待できちゃう!嫌でも期待しちゃう!

さすがはホップの使い手ブリュードッグ。

オレンジ色に輝くビジュアルがもう何というか…イヤらしい!!

泡も濃密っていうか…。グラスにこびりつく感じが濃厚そう!これもなんというか…イヤらしい!!

これはアレですな香りを堪能しましょう。じっくり。時間をかけて。

なんて言ったって相手はあのブリュードッグですから。

ってことで香りを確認していく。

ぬま

おぉ!?意外にも大人しいぞ…

こりゃビックリ。想像していた以上に静かな香りフェーズだったのだ。

かすかに、バナナ?洋ナシ?みたいな香りはするんだけど、例えばブリュードッグ -パンクIPA-みたいな派手さは無く。

「とんでもない味わいへの布石だろうか」。そう感じさせるほど不気味に、静かに香りを放っている。

これは…意を決して飲むしかないだろう。なんせ相手はブリュードッグなんだから。

よし。一気に行くぞ。ゴクゴク…

ぬま

シトラスみたいな軽快な香り…そして苦みがたまらん

やはりブリュードッグさんは素晴らしいでございます。今回も素敵な出会いをありがとうございました。

スポンサーリンク

YES!なんと素晴らしい味わいだろうか!

口に含めると広がるシトラスのホッピーな味わい。

キャラメルのような甘み。そしてバナナも感じる。

色んな味わいが主張を終えたあと、最後にやってくるパッションフルーツのような爽快感。これが苦みと伴って現れ、そして消えていく。

この一連の流れが何とも秀逸。ありがとう。

やはりブリュードッグはこうでなくちゃ。ビバホッピー!ビバ!ブリュードッグ!!