小学校のころバレンタインは2月24日だと勘違いしてた時期があって、ひたすら同級生と「14日だ!」「いいや24だ!」の論争を繰り広げていたことを思い出します。

えぇ。今じゃ14だろうと24だろうと平常運転なんで関係ないんですけどね。

ってことで今回紹介するのは『ヴァルシュタイナー・ドゥンケル』。

ドイツで造られているプレミアム・ドゥンケル。

以前紹介したヴァルシュタイナー・プレミアムビールと同シリーズ。

リンクのビールは、なめらかな口当たりと控えめな苦味で、ゴクゴクと自然に飲めちゃう作りだった。

果たして今回はどんな味わいなんだろうか。

高品質のホップと二条大麦の麦芽を使用したビール。

口当たりがよく、コクのあるビールです。3~5℃位に冷やしてお飲みください。

とのこと。このシリーズは3~5℃で、しっかり冷やすことを推奨してるっぽい。

アルコール度数は4.8%。

330mlでお値段397円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

見て下さい。この重厚なブラウンカラーを。

注ぎながら「うひょ~~イイ色!」って言っちゃうほど。

まさにドゥンケル!って感じのダークなビジュアル。

泡は目が粗くてシュワシュワと音を立てるんだけど、意外にも持続は良いほう。

さてさて、香りを確認していきますかな。

ぬま

おぉ…ローストされた麦芽の香りが……。芳ばしいな…

麦芽のローストされた香り。まるでカラメルのよう。

香り自体は落ち着いていて、静かに、ゆっくりと、けどハッキリと鼻に届いてくる。

スポンサーリンク

この渋い香り。いぶし銀だな。そして絶対に美味しい。

美味しくないわけがない。期待をMAXに、そのまま飲んでいくことに。

ぬま

ローストされた麦芽の味わいが…。とにかく芳ばしいな…

麦芽を炒ったような香ばしさ。甘さ控えめの渋い味わいが口いっぱいに広がっていく。

とにかく芳ばしい。口に含めると、麦芽を炒っていく工程が目に浮かんでくるほど。

カラメルの落ち着いた味わいに、ホップのささやかなアクセント。更にはまろやかな口当たり。

その全てが絶妙なバランスで成り立っている。

スーーッと消えていく芳ばしい香りを惜しみつつ、また新たな1口を運んでいく。

この作業がなんとも至福。口に運ぼうとするその瞬間から既に幸福が始まっているのだ。

ドゥンケル特有のほろ苦さ。この味わいクセになるぞ。