今回は『ラドラー』をご紹介。

レモン味の低アルコールビール。

調べてみるんだけど、以前サントリーで造られていたラドラーとは違うらしく、こっちはオーストリア産。

もう少し調べてみたんだけど、あまり情報が載っておらず。

わかったのはオーストリア産のビールってことくらい。オーストリアってビールのイメージないけどな。

 

アルコール度数は2.4%。

330mlでお値段365円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

めっちゃ淡い…というか濁りが凄い。

まるで白ビールかのような淡くて濁りたっぷりのビジュアル。

当然グラスの向こう側は全く見えず。

泡もメチャクチャきめ細やかで、まるでドラフトギネスのような細やかさ。

ただ、持続はそこまでで、2~3分するとグラスから消えている。

そんでもって香りを確認。

ぬま

レモンの香りが結構するな…。そして甘い

グラスに少し近づけただけで漂ってくる爽やかでフルーティーなレモンの香り。

ただ、後から甘い香りも鼻をつつくように薫ってくる。

この甘み、はちみつっぽい濃厚さがあるから、レモンとの相性が素晴らしいのなんの。

温めて飲んでも美味しいんじゃないか?そう思わせるほど。

スポンサーリンク

そのまま飲んでみると…

ぬま

おぉ…ハチミツみたいな甘みが優しいな……

主役は香りフェーズで漂っていた爽やかなレモンではなかった。

ハチミツ。はちみつ。蜂蜜だったのだ。

濃厚でまろやかな甘みが、ふんわりと優しく広がっていく。

その後から、レモンのフレッシュな香りが感じられる。

なんだろうこの感覚。これ、温めても絶対に美味しいよね。そう思わせるほど。

これはビールなんだろうか?アルコール度数も低いし、飲みやすいし、何より蜂蜜の味がメッチャ優しい。

これはビールが苦手な人でもスルスル飲めること間違いなし。