今回紹介するのは『ヴァルシュタイナー・プレミアムビール』

1753年から造られる歴史あるドイツビール。

地元を流れる上質な軟水のお陰で、より良質なピルスナーを造ることに成功したんだとか。

「クラーマー」って名前の一家が醸造してて、9代続く今でも家族経営してるらしい。

ここの会社は、この「プレミアムビール」「プレミアムデュンケル」の2スタイルしか出してない。

 

ってことでグラスへ注いでいく。

 

綺麗に綺麗に輝く黄金色。濁りもほとんどなく正統派ビールの出で立ち。

泡もきめ細やかで数分経っても消えず、泡と水のバランスをいつまでも保ってくれる。

香りを確認すると、トウモロコシかな?って感じの甘いものが鼻を通っていく。

ゴクゴクと飲んでみると…

ぬま

麦芽の甘い味わいをしっかり感じる…しかも雑味がなくてメッチャ飲みやすい

なんとも口当たりが滑らかで、けどほんのりと甘い味わいが楽しめる。

苦みはほとんど感じず、余計な味もしないからゴクゴクと飲めちゃう。

裏のラベルをみると3~5℃まで冷やして飲むことを勧めてる。

確かに、しっかり冷やした方が引き締まった味わいが楽しめると思う。
※ぬるくなると味がダレちゃう恐れあり

しっかり冷やしてゴクゴク飲む。ドイツにもこういう系のビールがあるんだな、と気づかされた一杯。