今回は『レモンビール -ラ・ガジェガ-』をご紹介。

スペインで造られているレモンビール。

タイトルにある「ラ・ガジェガ」は「ガリシア風」って意味。

ホップとレモンのマリアージュ。ライトテイストなビールにレモンジュースをブレンドしたレモンビールをスペインからお届け。

キレのあるドライな味わいと後味に、残るレモンのさわやかさが特徴です。

とのこと。

普段レモンビールを飲まないから想像つかないけど、冷たいポッカレモン的な感じだろうか?

 

アルコール度数は4パーセント。

330mlでお値段289円(税込み)。

ちなみにコーヒーでお馴染みのKALDI(カルディ)ブランドらしい。

ってことでグラスへ注いでいく。

色合いは普通のビールと大差ないかな?

若干オレンジがかった濃い色合いをしているけど、濁りは全くなくクリア。

泡も目が細やかで濃密な感じ。モコモコと泡立っていく。

スポンサーリンク

そんでもって香りを確認。

ぬま

うーん……。そこまでレモンっぽい香りは感じないな…

レモンビールだけど、そこまでレモンっぽさは漂ってこず。

頑張って何度か鼻を近づけてみると、若干それっぽい香りがするかな~程度。

ただ、麦芽かな?甘みを含んだ香りがふんわりと鼻を包み込む感覚は確かめられる。

この濃厚な甘い香りが期待感をアップさせてくれるよな。

ってことでそのまま飲んでみると…

ぬま

おおぉ!思った以上にレモンじゃん!そして甘い!

口に含めると、レモンの爽やかで軽やかな味わいが広がっていく。

香りではほとんど確認できなかったけど、飲んでみると想像以上に爽快なファーストコンタクト。

ただ、このビールが凄いのはそれだけじゃない。

すぐ後に、はちみつのような濃厚な甘みも広がっていくのだ。

レモンにはちみつ。合わないはずがない。

イメージ的には「ぽっかレモン」の冷たいVerを飲んでいる感覚。

はちみつの濃厚な甘みが何とも素晴らしいアクセントになっていて、飲み進めるほどに口が甘さでいっぱいになっていく。

はちみつの主張が強めの珍しいタイプのレモンビール。