アメリカのクラフトビールって本当に個性的なやつが多いよな。

「アンタはどんなサプライズをくれるんだい?」って。そう考えるだけでワクワクしちゃうぜ。

今回は『ジャマイカ・レッドエール』をご紹介。

造っているのはアメリカの「マッドリバー・ブリューイング」。

当ブログでもたびたび紹介しているブルワリーだけど、まぁ個性的なメンツが揃ってること。

レッドウッドスタウト -マッドリバー-はナッツの香ばしさがプンプン漂う黒ビールだったんだけど、クオリティが凄いのなんのって。ぜひ飲んでみてほしい。

ジャマイカ・レッドエールは名前の通り赤く、そして重厚感あふれるブラウンが交じり合う一杯。

この時点で「どんな味わいなんだろうな~」って想像が膨らんでいく。メッチャ楽しみ。

アルコール度数6.5%。

355mlでお値段367円(税込)。

ってことでグラスへ注いでいく。

レッドエールと言えばコレよ。琥珀に輝く透き通った色合い。

焦がしキャラメルを連想させるようなビジュアルに、濃密&濃厚&重厚な泡。

スポンサーリンク

もったりとしてて、グラスにしっかりと残り続ける泡がなんとも素晴らしい!

マッドリバーの造るビールですからね。美味しいに決まってるのよ。

とりあえず香りを確認していく。

ぬま

焦がしキャラメルみたいな香り…たまらんな~

カラメルのような香りがフワ~っと広がっていく。これぞレッドエールよ。

主張はそこまで強くないんだけど、上品に、ゆっくりと漂っていく感じがGOOD!

更にクンカクンカしていくと、ナッツ?も確認できる。

カラメルとナッツの甘い香りが素晴らしいのなんのって。心地よいセッションだぜ。

そのまま飲んでみると…

ぬま

麦芽の力強さがハンパネエ……

炒った麦芽の力強い主張。剛力かつ剛腕かつパワフルな味わいがガツン!と広がっていくのだ。

口当たりはまろやかなクセに、後からやってくるのはハッスルしたロースト麦芽。

これは想像以上に強烈だわ。さすがマッドリバー。良い意味で期待を裏切ってくれる。

ただ、更に飲み進めていくとあらビックリ。

ナッツの芳ばしさに加え、フルーティーな香りが鼻を抜けていったのだ。

えぇ!?あれだけ強烈な麦芽の味わいだったのに、ここに来て爽やかな香りかよ…。

このサプライズにはただただ驚くばかり。

でも、軽やかに抜けていくフルーティー香が力強い味わいを程よく調和している。

お陰で次の1口も新鮮な気持ちで頂けるって寸法よ。

これは計算しつくされた一杯。さすがマッドリバー。