フルーツビールに詳しいと女の子とワチャワチャできるかも…って考えから手当たり次第探しているんだけど文句あります?仕事のふとした雑談に使えるから素晴らしいのなんのって。

ってことで今回は『エヒテ・クリーケンビール』をご紹介。

フルーツビールと言えばベルギー。

ベルギー産の天然さくらんぼを木製樽で熟成した一杯。

名前にあるエヒテ(Echt)は「元祖・本物」って意味らしく、「フルーツビールの発祥は俺様だ!」と言わんばかり。

ヴェルハーゲ醸造所のサクランボを漬けこんだエール。レッドブランビールをベースに、リンブルグ州の天然さくらんぼをのみを使った甘さとオーク樽で熟成された酸味が聞いた後味が特徴。3~5度位に冷やしてお飲みください。

とのこと。

ヴェルハーゲ醸造所は、以前紹介したドゥシャス デ ブルゴーニュ を造っているところ。

コイツも熟成感の半端ない味わいだったからな。今回のフルーツビールも期待が高まる。

アルコール度数6,8%。フルーツビールにしてはかなり高い数値。

250mlでお値段451円(税込)。

ってことでグラスへ注いでいく。

見てくださいよこのビジュアル。

淡い赤色だったはずのさくらんぼが、じっくりコトコト煮込むことで、深く色濃く、重厚な出で立ちへと変貌を遂げてる。

まるでワインのような上質かつ落ち着いたビジュアル。

泡も目が細やかで、シュワシュワと音を立てるんだけど、これだけ綺麗な色合いだと、泡が弾ける音もコーラスのよう。

スポンサーリンク

ひとまず香りを確認してみることとしよう。

ぬま

くぅ~~熟成されてますね!さくらんぼちゃんが!!

樽で寝かせに寝かせたであろう、さくらんぼの酸味がフワ~っと漂ってくる。

少し甘みを含んだ何度も嗅ぎたくなる感じ。

フルーツビールのなかでは落ち着いた造りかな?

そのまま飲んでみると…

ぬま

くぅ~~~…強烈……酸味がめっちゃ強い……

め っ ち ゃ 強 烈 だ ぞ コ レ

口に含めた途端、強烈な酸味がキュ~っと締めあげてくる。

この刺激に思わず顔をしかめてしまうほど。

アルコール度数が6,8%ってこともあって、パンチ力たるやヘビー級。

けど、どこか果実の甘みが残っていて、ご褒美と言わんばかりに癒しを差し出してくれる。

これはツンデレだ。しかも結構な。

ここまで主張の激しいフルーツビールを見たことがない。

ヘビー級が繰り出すストレートを全身で浴びるべく、是非とも飲むことをお勧めする。