今回は『マッドリバーIPA』をご紹介。

アメリカで造られる世界的にも有名なブルワリー「マッドリバー」が送る定番IPA。

シトラスのような香りと爽やかな飲み口で、お寿司にもピッタリという噂。

このマッドリバーは当ブログでも3本ほど紹介してて、さすが本場アメリカって感じの素晴らしいラインナップなのよ。

ぬま

今まで紹介したことあるのリンク貼っておくわ

スティールヘッド -エクストラペールエール-

マッドリバー -レッドウッドスタウト-

ジャマイカ・レッドエール

どれも本当に素晴らしいけど、特に一番上の「スティールヘッド -エクストラペールエール-」はメッチャ美味しかった。ラベルは超絶ダサいけどな。

アルコール度数は7% 

355mlでお値段340円(税込)。

ってことでグラスへ注いでいく。

見てくださいよ。このマロンのような濃厚なビジュアルを。

濃く濁りのあるブラウン。

そして泡はモコモコ&モッチリとした重厚感。

スポンサーリンク

目は粗いんだけどモチモチとしてて持続もバッチリ。5分くらいは層を保ってる。

そんでもって香りを確認。

ぬま

あぁ……。この感じたまらん……

普通のIPAみたいなフルーティー香がバンバン!って感じではない。

爽やかな香りを放つマロンのような甘い香りがフワッと漂ってくるのよ。

優しく、静かに、穏やかに。ゆらゆらと揺られた香りが心地良く鼻をくすぐってくる。

だがしかし。マッドリバーの造るビールはここからだ。

落ち着いた香りから一転、激しく唸るような味わいが襲ってくるのだ。

恐らく今回のIPAも例外ではないだろう。

ってことで期待を膨らませながら飲んでみる。

ぬま

あぁ…んんん……。めっちゃ旨い……

予想は大的中。物凄い味わいだった。

まろやかな口当たりからスッと入った瞬間、

◆マロンのような濃厚な甘み
◆シトラスの爽やかな香り

この2つがグググっと押し寄せてきたのだ。

喉から重低音が鳴り響く。まるでビートボックスを奏でているようなドッシリとした味わいが、口の中一杯に広がってくる。

いや、さすがマッドリバーさんですわ。

飲んだ後もシトラスの香りがジーンと残ってて、1口で長~~く楽しめる仕様なのもホップ中毒者としてはGOOD!

しかも飲み進める度にこのジーン感が強まって、最後の方は重厚感だけでなくホッピー感も兼ね備えた存在に。

これは凄い。やはりアメリカのIPAは本当に粒ぞろい。そしてマッドリバーは裏切らない。