春の訪れを告げる心地よい風とともに、花が蕾をつけ、虫たちもチラホラとあらわれる。

息子との公園遊びが楽しくて仕方ない。発見の連続だ。

そんなわけで、今回は『ウルフ7』をご紹介。

以前「ウルフ8」を紹介した同シリーズ。

「ウルフ7」「ウルフ8」「ウルフ9」とあるんだけど、数字が大きくなるほど重厚な味わいになる模様。

そのなかでも1番軽やかなのが今回の一杯。

造っているのはウルフ醸造所。2008年に創業したばかりの新人さん。

ただ、ウルフ8を飲んだ限り実力派ピカイチ。

今回の7もかなり期待できそうだ。

アルコール度数8,5%

330mlでお値段473円(税込)。

ってことでグラスへ注いでいく。

ウルフ8よりも色は淡いかな?

黄土色っぽいビジュアルで、濁りが全くなし。透き通っております。

泡は濃密で、モコモコ泡立っていく感じ。

スポンサーリンク

前回のウルフ8がさすがの美味しさだったからな。今回のも期待が高まるぜ。

ってことで香りを確認していく。

ぬま

むむっ!?フルーティーなんだけど、どこか甘い香りが漂うな…

なんとも奥ゆかしいこと。

フルーティーな香りが軽やかで心地よいんだけど、どこかバニラのような甘い香りが漂ってくる。

ふんわりと、決して主張は強くなく。

でも、このマイルドな感じが優雅な時を演出してくれてエエな。

強烈な酸味があった「ウルフ8」とは対照的に、静かに漂ってくる印象。

そのまま飲んでみると…

ぬま

おぉ!口当たりは意外にもまろやかだぞ!

少し甘みのある、まろやかな口当たり。これは意外なサプライズ。

熟成感たっぷりの酸味がガツン!かと思いきや、優しいファーストコンタクト。

ただ、その後からはウルフシリーズ特有の酸味が。「ウルフ8」ほどでは無いけど、キュッと締まるような刺激が訪れる。

そして最後には、桃のような味わいと苦みがスーッと引いていく。

思っていた以上に優しくて、でも色んな味わいが楽しめる一杯。

ウルフシリーズを並べて違いを楽しむのも良さそうだな。