今回は『麦とホップ -本熟-』をご紹介。

あの麦とホップから熟成に熟成を重ねた濃厚な味わい楽しめる一杯が登場。

青?紺色?の落ち着いたデザイン。

今回の麦とホップの特徴は以下の通り。

◆麦&ホップの熟成が通常の1,5倍
◆アルコール度数が6%
◆旨み成分の多い「カナダ産麦芽」を贅沢に使用

普通の麦とホップも味が濃いけど、その上を行く濃厚さ、というわけか。

これはかなり期待できそうだな。

アルコール度数は6%。

350mlでお値段135円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

ビジュアル的にはオレンジ色かな?

スポンサーリンク

新ジャンルのなかでも色が濃い「麦とホップ」だけど、それと比べても濃厚な感じ。

1,5倍も熟成させた賜物なんだろうか。泡も濃密だからどっしりとした味わいが楽しめそうだな。

ってことで香りを確認。

ぬま

おぉ…甘くて濃厚そうな香りが漂ってくるな…

グラスを近づけると、恐らく麦芽だと思われる甘い香りが漂ってくる。

例えるなら白桃だろうか。桃の缶詰のようなもったりとした濃厚さが感じられる。

新ジャンルのくせにココまで薫って大丈夫なんだろうか?まさに手加減なし…といったところか。

そのまま飲んでみると…

ぬま

さすが麦とホップ…めっちゃ濃厚やん

普通の麦とホップも濃厚なんだけど、その上を行くどっしりとした飲み口。

まろやかな舌触りと、重厚な甘み。そしてアクセントとなるリキュールの刺激。

新ジャンルのビールを時間をかけてじっくり飲みたくなる。そんな感覚になったのは初めてではないか。

それほどに濃厚な味わい。

これは素晴らしいの一言。数量限定にするのがもったいない。

ぜひとも通年販売を望む。