今回は『箕面ビール -ペールエール-』をご紹介。

今回で一旦最後の箕面シリーズ。

有終の美を飾るのはブルワリーの顔とも呼べるペールエール。

カスケードホップをふんだんに使った爽やかなテイストが楽しめる一杯。

以前飲んだことのある箕面ビール -W-IPA-もカスケードホップの香りが凄いのなんのって。

トロピカルで華やかで軽やか。あの感動をペールエールでも味わえるのか…。

アルコール度数は5.5%。

330mlでお値段489円(税込)。

ってことでグラスへ注いでいく。

想像していたよりも濃厚な色合い。

オレンジ?ブラウン?とにかく、ペールエールにしてはドッシリとしたビジュアル。

おまけに泡もモッチリ&ドッシリと力強さがある。

時間と共に消えていくけど、グラスにへばりつく感じからも、その濃厚さがうかがい知れる。

そんでもって香りを確認。

ぬま

はぁーーーメッチャ良い香りする

ネタとかでは無い。マジで「はぁーーーメッチャ良い香りする」と言ってしまった。

スポンサーリンク

シトラスのような柑橘系の香りが、ブワッと広がり、優しく鼻を包み込んでくれたのだ。

モッチリとした泡に隠れていながらもハンパなく漂ってくる香り。

濃厚で、軽やかで、フルーティーでジューシーな香り。

思わず何度もグラスを運んでしまう程のクオリティ。

カスケードホップを贅沢に使用するとココまで華やかに香ってくるのか。

さすが箕面ビールの顔とも呼べるスタイル。これは味の方もかなり期待できる。

そのまま飲んでみると…

ぬま

あぁ………。旨い…旨いよ………。

一言でいうなら「幸せ」。幸せな味だ。

まろやかな口当たりから広がるジューシーで甘みたっぷりな柑橘系の味わい。

そして後から波打つかのようにジーンと訴えかけてくる苦み。

思わず目を閉じていると、最後の最後にやってきた軽やかでフルーティーな香り。

これがスーーッと鼻から抜けていってフィニッシュ。

ペールエールのなかでも濃厚でしっかりとした味わい。でもクセが少ないから何杯でも飲めちゃう中毒性。

これは凄い。そして箕面はどれもクオリティが高すぎる。