仕事に忙殺されておりますが、帰宅後のビールを思うだけでエネルギーが湧いてくる。不思議なものですな。

ということで今回紹介するのは『J-CRAFT -華ほの香 芳醇のペールエール-』。

「個性豊かなクラフトビールを出来立てそのままに皆様へお届けしたい」という三菱食品の思いから、名だたる6ブルワリーを厳選。

チルトビールとして共同開発されたオリジナルクラフトビールが「J-CRAFT」。

今までにも…

J-CRAFT華ほの香 爽快のヴァイツェン

J-CRAFT華ほの香 香爽のフルーティホワイト

J-CRAFT -華ほの香 日向夏の風-

を紹介。全部で6種類あるらしいんだけど、今回は4種類目。スタイルはペールエール。

作っているのは、ホップの魔術師(←俺が勝手にそう呼んでる)であるベアードブルーイング。

ぬま

静岡県にあるらしいな

アルコール度数は5%。

330mlでお値段498円(税抜き)。

スポンサーリンク

ってことでグラスへ注いでいく。

オレンジ色に輝いたグラス。

なかには酵母らしきものが。この酵母も相まってかなりの濁りがあるように見受けられる。

濁りのあるオレンジ色。これって俺好みのペールエールなんだよな。

泡は濃密だし、目が細やかだし、持続も数分はバッチリ。

かなり期待できそう。そのまま香りを確認していく。

ぬま

ハァーー!突き抜けるホップの香りぃーー!

私はこれを待っていました。

鼻を近づけるとブワッと広がる爽やかで軽やかで柑橘系のフルーティーな香りが。

ものの見事に軽やかなもんだから、スコーーンと抜けていくような感覚まで。

さすがホップの使い手ベアードブルーイング。噂にたがわぬ魔術師っぷり。

これは味もかなり期待が出来そうだ。その期待を背負い込み、そのまま飲んでみると…

ぬま

軽やかなんだけど、ズッシリくる苦み。スゲーなこれ……

文字にすると矛盾してるけど、とにかくこの言葉に尽きる。

軽やかな飲み口に加え、白ブドウのような酸味を含んだ軽快な味わいがファーストコンタクト。

でも、後からホップの苦みがどっしりと訴えてくるのよ。

ファーストコンタクトが軽やかなもんだから、この苦みがかなりの重厚感に感じるのも凄いところ。

最後には、柑橘系の香りがフワッと鼻を抜けていき全体の流れが終了。

飲み進めるごとに苦みに重厚感が増していき、ホップ中毒者には何とも言えない幸福感が。

さすが、としか言いようのない一杯。

これぞベアードブルーイングの成せる業。