今回は『J-CRAFT華ほの香 爽快のヴァイツェン 』をご紹介。

J-CRAFTは割と新しくできたブランドなんだけど、

『ブルワリーでしか味わえない できたてのおいしさを、全国へ。』

ってのをコンセプトに全国から個性豊かなビールを届けるために立ち上がったんだとか。

今回の爽快のヴァイツェンは岩手県で造られるビール。

このビールは原料を麦芽、ホップ、水のみとした「ビール純粋令」を守りながら造られている。

しかも工場から販売店まで10℃以下のチルド輸送されるんだとか。

 

ってことで早速グラスへ注いでいく。

無濾過ってことで濁りがスゲー。

そして黄桃のような色合い。

泡の目は粗めで、シュワシュワと立ちながら同時に消えていく。

注ぎの最後の方には酵母がチョロチョローって出てきた。これも無濾過だからこそ。

そんでもって、この酵母が味に変化を加えてくれるわけよ。

最後1㎝だけ残しといて、途中で入れることで味の変化を感じるのも無濾過ビールの楽しみ方の1つ。

今回は飾ってあった花の花粉?で鼻がムズムズしてたから一気にドバーってしちゃったけど許してくれ。

ってことで香りを確認。

ぬま

It’sバナナ!バナナのフルーティーな香りがする!

甘いバナナの香りがふわっとする。

これぞヴァイツェン!!って感じの王道さを感じる。

甘く、優しく、豊かに、そして時の流れを忘れさせるような香り。

この甘く、優しく、ゆたk……に身を任せながら口に含んでみると…

ぬま

んあぁーーーうまい。うんんまい!

出ちゃいました!旨すぎると語彙力が一気に低下する例の現象!

甘いバナナのような味わいが優し~く口のなかで広がっていく。

これは想像以上に美味しい。

無濾過らしい、ちょっと口にまとわりつくような舌触りも、甘い味わいとマッチしててGOOD!

変なクセとか苦みもないから、苦みを敬遠するユーザーでもメッチャ楽しめる一杯だと思う。

お値段は400円とまぁまぁながら、それに見合ったパフォーマンスをしてくれる。