今回は『金沢百万石エール -ペールエール-』をご紹介。

石川県でクラフトビールを造っているのは「わくわく手づくりファーム川北」なるところ。

今回の赤&黄のデザインは2018年12月4日から、KIOSKを初めとするコンビニ限定で販売されるもの。

通常は…

こんな感じのデザイン。

個人的には限定Verのほうがカッコ良くて好きだな。

白山の清らかな水を使い、すっきりとした飲み心地を保ちつつも心地よいホップの苦みが楽しめる一杯。

アルコール度数は5%。

350mlでお値段391円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

スポンサーリンク

オレンジ色で綺麗に輝いておりますな。

これは良質なIPAにも見られるビジュアル。期待が高まる。

泡は目が粗いんだけど濃密で、もったりと濃厚な感じ。持続も3分ほどはある。

そんでもって香りを確認。

ぬま

う~ん…香りはそこまで強くないな

シトラス?みたいなフルーティーな香りが若干するけど、ペールエールにしてはかなり弱め。

最後にシュッと引き締まるような苦みが感じられて、ドライな印象を受けるけど、ペールエール感はここまでほぼ0。

何度薫ってみても結果は同じ。口の開いたグラスを選んだけど、思った以上にフレーバーが広がらない。

そのまま飲んでみると…

ぬま

スッキリ飲みやすいタイプのペールエールだな

強めの炭酸の後に広がってくるシトラスのようなフレーバー。そして甘い味わい。

けど、そこまで尾を引くことなく、時間と共にすぐサーっと消えていく。

香りの余韻もそこまでなく、ドライな感じ。

飲み進めていくと、若干の苦みも確認できる。

ペールエールのなかでは、かなりアッサリ&スッキリした造り。

シンプルで万人受けしそうな味わいだな。