今回は『軽井沢ビール 清涼飛泉プレミアム』をご紹介。

軽井沢発の良質なビールが揃うブルワリーから新先が登場。

3月1日に発売されたのは、エールビールでありながらラガーのようなスッキリとした味わいも楽しめる一杯。

そしてラベルは、プレミアムシリーズで度々採用されている「千住博」画伯の作品。

今回は「ウォーターフォール」なる題名のもの。その名の通り滝をイメージして作られた模様。

アルコール度数は5.5%。

350mlでお値段330円(税込)。

ってことでグラスへ注いでいく。

きれ~いな黄金色。王道オブ王道のピルスナーって感じのビジュアル。※エールビールです

濁りも一切なく、クリアで透き通っていて淀みが無くて純白って感じ。

泡は軽やかで目が細やか。泡立ちは良いんだけど、シュワシュワと音を立てながら消えていく。

そんでって香りを確認。

ぬま

ゆるやか~に香るフルーティーな香りがたまりませんな

グラスを近づけると、ほのかに漂ってくるフルーティーな香り。

スポンサーリンク

そこまで主張が激しいわけじゃないんだけど、柑橘のアロマがフワッと鼻をつついてくる。

清涼感たっぷりの香りに包まれながら飲んでみると…

ぬま

フルーティーなんだけどキレのある苦みも存在感を示してるぞ!

口に含めた途端に広がるフルーティーな香り。

前述の通りそこまで主張は強くないんだけど、フワッと漂ってくる感じがGOOD!

ただ、ビックリしたのがその後。

直後にキレのあるシュッとした苦みが口の中を襲来してきたのだ。

「むむっ!なんだこの苦みは……!?」

予期していなかった味わいに思わずビックリ。

穏やかなエールビールかと思えば、ラガーのような二面性も持っていたのだ。

まさにこの様、急転直下の滝のよう。

華やかな落ち着いた香りから、ふと訪れる刺激的な苦み。

エールが好きな人も、ラガーが好きな人も、どっちにもウケそうな味わい。