今回は『ゴーヤーDRY』をご紹介。

「ゴーヤ味のビールって……」と思った方も多いはず。俺も軽く引いた。

その組み合わせはさすがに…と思った方も多いはず。俺も思った。

造っているのは、一風変わったビールを醸造している「ヘリオス社」。

当ブログでも肉専用ペールエールなど紹介しているけど、それも同じブルワリー。

ぬま

沖縄に醸造所を構えるブルワリーやで

ホップの苦みの後に広がる沖縄産ゴーヤーによるすっきりとした苦み。ゴーヤーDRYならではの”苦みのタイムラグ”をお楽しみください。

とのこと。

「苦みのタイムラグ」とは果たして…。

高校の修学旅行で沖縄行ったときに初めて食べたゴーヤチャンプルー。

あまりに衝撃的な苦みに生徒一同残しまくり、せっかく作ってくれたおじさんの顔が今でも忘れられない。

そんな色んな意味で苦い思い出あるゴーヤー。それが今、大好きなビールとセッションを繰り広げようとしている。

アルコール度数5%。

350mlでお値段368円(税抜き)。

ってことでグラスへ注いでいく。

若干淡いかな?そして少し濁りも入ったビール。

泡は濃密でもったりとした感じ。

濁りの入った少し白い感じと濃密な泡。ビジュアル的にはヴァイツェンに似てるかな?

そして香りを確認していく。果たしてゴーヤどんな演出をしてくれるのか。

ぬま

むむ!?ほとんど感じないぞ……

ビールらしい苦みはほのかに感じる。けど全体的に薄い印象。

いや、ゴーヤどこいった!今回の主役はどこ行ったのさ!

スポンサーリンク

てっきり「ゴーヤが強烈ぅ~~」な展開かと思った。けど実際は違ったよ。

予想に反して大人しいファーストコンタクト。静かすぎて逆に怖い。

これは強烈なインパクトへの前兆なんだろうか。

満を持してグラスを運んでいく。

ぬま

くおぉぉぉ……苦い、苦いぞコレ……





口に含めると、「アレ?そこまで苦くないな」なんて思ってたけど、それもつかの間。

強烈かつ、ビールのソレとは異なる苦みが襲来してきたのだ。

強烈。とにかく強烈。思わず「苦い~~」と足をバタバタさせてしまうほど。

もうじき30歳を迎えるオッサン予備軍が足をバタバタさせながら言う「苦い~~」。もはやどっちの方が苦いのかわからん。

これはつまみ無しで飲むと苦みにやられそう。

ちょうど近くにあった落花生と合わせてみる。

ぬま

おぉ!全然違うぞ!

落花生のマイルドな塩気が、ゴーヤの苦みとベストマッチ。

ダメ元で試みた策がまさかのマリアージュ。

あまり味が強いとゴーヤの苦みが楽しめない。薄味のものと合わせることで更なる高みへイケるだろう。