今回は『ギルガメッシュ -ヘイジーIPA-』をご紹介。

アメリカ・オレゴン州にあるブルワリー「ギルガメッシュ」。

僕みたいな精神年齢低い系男子の心をダイレクトにくすぐってくるネーミングなんだけど、そんな超絶イかしてるブルワリーから、ヘイジーでホッピーな一杯が登場。

実は以前にもギルガメッシュのビールは紹介してるのさ。

オイディプスIPA

濃厚な甘みと、これぞIPA!って感じの苦みの余韻が絶妙にマッチした一杯だった。

今回のヘイジーIPAは名前の通り、ジューシーかつホップの香りを贅沢に味わえるとのこと。

楽しみですな!!

アルコール度数は6.5%。

355mlでお値段539円(税込)。

ってことでグラスへ注いでいく。

これよ。これですよ。

オレンジ色がかった濁りのあるビジュアル。

密度があってモコモコと膨れるような泡。持続もバッチリ。

スポンサーリンク

これぞTHE・IPA!。IPAと言えばこの感じですよ。

いや~。期待が高まりますな。

そのまま香りを確かめてみよう。

ぬま

ヘッ!?めっちゃジューシーなんだけど

グラスを近づけた瞬間、ブワッと鼻にダイレクトに刺激が入ってきた。強烈。

感じたのはフルーツをギュッと絞り、抽出したような濃厚な甘み。

そして白桃の濃厚かつフルーティーな香り。

これだけジューシーなIPAは他にあっただろうか。それほどに濃厚。まさにヘイジー。

いや、これ絶対に美味しいヤツじゃん。

ありがとうございます。感謝を表しつつ、そのままグラスを傾けていく。

ぬま

えっ……。コレやばくないですか?

一口飲んで俺は言った。「コレはビールなのか」と。

ビールの枠では収まりきらないほどの異次元で超人的で天性の才能あふれる衝撃的な一杯がココに存在している。

スムーズな口当たりから広がる濃厚なマンゴーや白桃の甘~い味わい。

この甘みがず~っと口のなかで残っているのよ。果汁100%のジュースよりもジューシー。とにかく甘みがずっと残ってる。

でも、それだけじゃ終わらない。

マンゴーのフルーティーな香り。それも、果汁をギュッと絞った1滴から香る濃厚な香りが、フワ~っと漂ってくるのだ。

まるでお婆ちゃんがふとした時に放つ金言のような濃度。人生の核となる部分をサラッと一言で表現してしまうアレに似た感動がグラス上に存在している。

いや、これは本当に凄い。

グラス上に鎮座する、お婆ちゃんの金言を是非とも味わってみてほしい。