今回は『バリハイ・プレミアム』をご紹介。

インドネシアはバリ島で1993年から醸造開始されたプレミアムラガー。

バリ島ではNo,1と言われるビールで、あのビンタンビールを超える存在なんだとか。

ぬま

んん!?ビンタンビールはバリ島でシェアNO,1だったハズ…

なにがNo,1なのかは定かではないが、大衆的なビンタンビールとは違ってプレミアム志向なんだろうか(適当)。

アルコール度数は5%。

330mlでお値段298円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

見た目は少しクリアな黄色?淡い感じでのど越しの軽やかそうな印象を受ける。

泡は目が細やかなんだけど、少しの振動でユラユラと揺れる軽やかさがある。

持続はボチボチ。3分くらいはあっただろうか。

そんでもって香りを確認。

ぬま

爽やかで若干のフルーティー香が広がるな

アジア圏特有の軽やかな香り。そして若干フルーティーなアロマが広がる感覚。

シンプルなんだけど何度もグラスを近づけ堪能したくなる。軽やかな色合いから漂うフワっと爽やかな香りがGOOD!

そのまま飲んでみると

ぬま

めっっっちゃ飲みやすい。サラサラ入ってくるな

想像以上のドリンカビリティの高さ。

軽やかな口当たり、適度な苦み、スルッと入っていくのど越しのよさ。

スポンサーリンク

その全てが飲みやすいよう設計されてて、本当にスルスルと入っていく。

そして喉を抜けたあとに、ふと漂ってくるフルーティーな香り。コイツが綺麗にフィニッシュを飾ってくれる。

缶にも「5℃がベスト」って書いてあったけど、まさにその通り。

しっかり冷やしてグビグビ飲んでほしい。暑い時期にはピッタリなんじゃないか。

そしてシンプルな味わいだから、どの料理とも合わせやすくて非常に万能的な一杯。