新たなビールを求め遠方まで出かけるようになった29歳の私でございます。

同年代の皆さんはネットで購入するにも関わらず。店で買うことに何の意味を見出しているのだろうか。

そんな自問自答のなか、今回紹介するのは『フレンスブルガー -ウィンターボック-』。

ドイツのミュンヘン地方で造られる力強いビール。

初見の人は驚くであろう、このビジュアル。こんなビール瓶も世界にはあるのよ。

そして、このフレンスブルガーシリーズは当ブログでも少し紹介したことがある。

フレンスブルガー -デュンケル-

フレンスブルガー・ヴァイツェン

どれも濃厚な味わいで、ビール大国の実力を見せつけられる。

そのなかでも、今回のビールは冬限定の一杯。

ちなみに気になる栓はこんな感じ。

親指の部分の両端を(カメラの都合で片手にて失礼)押すと「キュポン!」って音とともに白い栓がOPEN。

取っ手の部分を戻すことで栓を再び密閉することも可能。

アルコール度数は7%。

330mlでお値段599円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

勝手なイメージで黒ビールっぽいビジュアルなのかな?なんて思ってたけど、想像以上に赤い。

まるで秋~冬に販売されるビールのよう。クリアでグラスの向こう側は透き通っている。

泡は目が粗くて、注ぎながらシュワシュワと音を立て、そして消えていった。これも意外。

スポンサーリンク

そんでもって香りを確認。

ぬま

おぉ!?意外とマイルドな香りなんだな

ここまで意外続き。

鼻を近づけると、麦芽の甘い香りが薫ってくる。ただ、ドイツビールの見られる濃厚な麦芽香…とまではいかず。

色の割に控えめで優しい香りが感じられる。

これは展開が読めなくなった。果たして味わいの方は如何ほどか…。

そのまま飲んでみると…

ぬま

あっ濃厚~~。そして抜けていく酸味の感覚がたまらん…

ここに来てまた意外性が。まるでサプライズの塊のようなビールだ。

口に含めると、麦芽の濃厚な甘み。その後すぐ訪れる酸味。

まろやかな口当たりが、この強烈な味わいに更なる力強さを与えてくれる。

見た目以上にどっしりと力のある味わい。

優しい香りからのギャップに驚くが、この力強さこそドイツビールの本来の姿なんだと勝手に思ってる。

冬限定ってのがもったいない。是非とも通年販売をご所望する。