今回は『デリリュウム・トレメンス』をご紹介。

癒しを与える青いラベル。可愛らしいタッチの象さん。

女子受けするフルーツビールかな?なんて思ったけどそうじゃない。

「デリリュウム・トレメンス」はオランダ語で「アルコール中毒による震え」って意味。

ぬま

縁起でもない商品名つけるなよ

こういう遊び心?溢れるネーミングは外国らしいよな。

造っているのはベルギーのヒューグ醸造所。

ビンの上から白土みたいなコーティングがされてて、一層怪しい感じが漂っております。

アルコール度数は8.5%とお高め。

330mlでお値段は664円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

淡いね~淡いですよ。

ほんのりと濁った淡い黄金色ビールですな。

泡は目が粗いんだけど濃密で、グラスでしっかり層を保っております。

さらには、泡がグラスにへばりつく感じもあって、ビジュアル的にはGOOD!

そんでもって香りを確認。

ぬま

フルーティー&スパイシーな香りだな

何とも魅力的な香り。

バナナ?リンゴ?みたいなフルーティーな香りが最初にする。

けど、その後からコショウのようなスパイシーな香りも漂ってくるのよ。

この相反するテイストが、絶妙にマッチしてて魅了してくるのなんのって。

しかもアルコール度数が8.5%。これは期待できないわけがない。

ってことでそのまま飲んでみると…

ぬま

スパイス&酸味が尻上がりに強まってくぅ~~!

マイルドな口当たり。そして舌触り。

心地よさに包まれるのかと思いきや、その後すぐにヤツがやってきた。

スポンサーリンク

熟成に熟成を重ねた酸味。そしてスパイシーな香り。

両者が轟音を響かせるように脳天を刺激してくるのだ。

淡くて軽やかなビジュアルからは想像できないほど強烈な味わい。

可愛らしい象さんのイラストは完全にフェイク。俺らを騙す巧妙な罠だったのだ。

これは「アルコール中毒による震え」って意味がわかる。

あまりに強烈で、しかも尻上がりに強まるドSな感じ。

この刺激を皆も味わってみてくれ。