今回は『ダルグナーヴァイツェン』をご紹介。

ドイツで造られる、安いのに本格派のヴァイツェン。

ドイツビールって町の名前をそのまんま商品名にすることが多々あるらしく、今回も例によってそんなネーミングになってる。

「ダルグナー」は小さな町「ダルグン」からつけられた。

フルーティーで力強いイメージのドイツ産ヴァイツェン。

それが100円代で飲めるんだから凄いよな。

アルコール度数は5%。

330mlでお値段159円(税込)。

ってことでグラスに注いでいく。

見よ!この濁り具合を!!

オレンジ色に輝くビジュアル。そして濃密な泡。これが159円とは凄いもんだ。

コンビニで売ってるビールと変わらない値段にも関わらず、本場ドイツビールが楽しめる。

ビジュアル的に満点。濁りといい色合いといい泡といい。全てにおいて完璧。

これは香り→味わいに期待が高まるな。

ってことで香りフェーズへ突入。

ぬま

うぅ……バナナの濃厚な香りが……凄い……

いやー、この値段でこの香りか。

グラスに注いでる時からプンプン感じてはいたんだけど、改めて鼻を近づけてみると凄いのなんのって。

スポンサーリンク

ヴァイツェン特有のバナナの香り。これが濃厚なこと。

濃密な泡から放たれる、もったりとしたバナナ香。

これだけのクオリティなのに安いって逆に怖いよね。どうやって作ってんだろうって。

そう思わせるほど。

そのまま飲んでみると…

ぬま

これ本当にスゲーな。めっちゃヴァイツェンじゃん

いや、これも紛れもないヴァイツェンなんだよ。でもさ、これだけ安いのにめっちゃヴァイツェンなんだよ。

口に含めた途端に広がる、フルーティーな香り。

そして前述の濃厚なバナナの味わい。この2つが広大な土地を駆け抜ける風のように走り抜けていくのよ。

爽快な味わいはあるんだけど、飲み口はまろやかだから、濃厚な甘みが長い時間残っているのもGOOD!

苦みもほとんど無いってのがポイント高いな。

値段の安さも相まって、ビール初心者とかラガー以外をあまり飲まない層にも手が出しやすい仕様になってる。

値段・味わい、ともに大満足の一杯。ラガーばっかり飲んでないで、たまには違うビール飲んでみたらどうだい?