Twitterでたびたび見かけていた一杯。

飲みたいのみたい呑みたい…そう思い続けていた一杯。

このたび無事GET出来たってことで紹介するのは『ベアレン・アルト』。

岩手県に構えるブルワリーで、とにかく濃厚で俺好みなラインナップの醸造所。

Twitterでフォローしてるんだけど、毎度投稿を見るたびにノミタイのみたい呑みたい…ってなってた訳よ。

そんなこんなでGETしたのがアルト。

ドイツの伝統的なビアスタイルで、カラメルのような芳ばしい薫りが楽しめるスタイル。

もうね…細かい紹介とかはすっ飛ばしましょう。

早く飲みたいんで。もう少し細かく知りたい人は自分で調べてくれ。

アルコール度数は5%。

330mlでお値段365円(税込)。

ってことでグラスへ注いでいく。

綺麗な琥珀色ですわ。まるで宝石のようだぜ。

濁りもなく透き通ってるし、でも重厚感を漂わせる落ち着いたビジュアルだし。

これは飲まなくてもわかる。旨い。絶対に旨いやつだ。

泡もメッチャ細やか。繊細で軽やかなんだけど、でも持続はバッチリ。

ちゃっかりと仕事をするタイプの泡ですな。

そんでもって香りを確認。

ぬま

カラメルみたいな香りが…なんとも上品に漂うぜ…

琥珀色のビールに見られる、カラメルのアダルトな風味が漂う。

スポンサーリンク

優しく、そして回遊するかのように自由に飛び回っていく上品な香り。

そこまで刺激が強くないのが逆に良い。

己の心を落ち着かせながら、この先にある味わいがどんなものか、想像していくに丁度良いから。

さて、果たしてどんな出会いが待っているんだろうか。そのままグラスを運んでいくと…

ぬま

んん!?思った以上にみずみずしいぞ…

こりゃー意外。てっきり濃厚なキャラメルが広がっていくんだとばかり思っていた。

けど実際は違った。想像を遥かに超えるみずみずしいクリーンな味わいだったのだ。

口当たりはスムーズでサラサラと入っていく。

ホップの苦みはあるけど穏やかに効かせる程度で、ホップで表現しようとする意図も見られない。

けど、前述のカラメルの味わいが広がっていく感覚はある。

これぞアルト。芳ばしい風味が楽しめるんだけど、全体的にはアッサリとしてて飲みやすい造りになってる。

重厚な琥珀色とは対照的に、クリーンでみずみずしい味わい。

ベアレンって濃厚な味わいが楽しめるラインナップってイメージがあったけど、その概念を覆すほどの爽やかで清澄な一杯。

そしてアルトの概念も覆してくれる一杯でもある。是非とも、是非とも飲んでみてほしい。