今回は『TOKYO CRAFT -バーレーワイン-』をご紹介。

サントリー発信のTOKYO CRAFTシリーズ。

そのなかでも初となるスタイル「バーレーワイン」が11月13日、遂に登場!!

ぬま

いやぁ…待ちに待ったビアスタイルやで

前から気になってたスタイルだったんだけど、遂にバーレーワインを頂ける瞬間を迎えた。

ちなみにバーレーワインの説明が裏に書いてあるんだけど…

19世紀イギリスで生まれたといわれる、くつろぎ時間にゆっくり楽しめるビアスタイルです。

麦の濃密で豊かなコクと余韻をお楽しみください。

とのこと。ワインの「ような」ってだけで、特に関係があるわけじゃなさそう。

アルコール度数は9%と高め。ただ、バーレーワインにしては普通らしい。

そしてお値段。このスタイルは醸造期間が長いから製造コストがかかる影響で、値段も結構するものがチラホラ。

けど今回の『TOKYO CRAFT』では350mlで213円(税込み)という驚愕の数値。

ぬま

バーレーワインって1000円くらいするんじゃなかったっけ?安すぎじゃね?

手ごろな値段で楽しめる。何とも素晴らしいこと。

ってことでグラスへ注いでいく。

スポンサーリンク

少しオレンジ色っぽいビジュアル。

濁りもなくクリアで綺麗な色合いだから、てっきり何かのジュースっぽい感じもする。

泡は目が粗めで、高い所から注いだにも関わらず持続はほとんど無し。1分ほどでほとんど消える。

そんでもって香りを確認。

ぬま

うーん…あんまり香りらしい薫りはしないな…

こりゃー意外な展開。

てっきり、ワインのようなコクある香りが楽しめるのかな?なんて思ってたけど、予想以上にさっぱりしたテイスト。

グラスに鼻をガッツリ近づけても、バーレー側からの主張は特になく。意外にも引っ込み思案。

こりゃぁ取りあえず飲んでみないことには判断できん。

ってことで飲んでみると…

ぬま

おぉ!確かにコクが凄い!まろやかで濃厚!

今まで飲んできたビールとは確かに違う味わい。

口に含めると、まろやか~~な舌触りのビールがゆっくりと入ってくるのを感じる。

更には、アルコール度数9%の所以たるようなピリッとした刺激。

まろやか→ピリ!のツンデレCOMBO。

その後にやってくるのは、何とも言い表せない濃厚なコク。

まるでワインのような豊かなコクがバーレーワインの極上の1口の最後を締めくくる。

これがバーレーワインか。これは他のバーレーにも手を伸ばしたくなるな。

本来このスタイルって醸造期間が長いから、値段が高いのが基本なんだけど、それが1本213円で楽しめるとは……。

ビールの新たなる扉を開く1つのキッカケに。是非とも手を伸ばしてみてほしい。