今回は『スーパー8 ブロンシュ』をご紹介。

ビールが盛んなベルギーでも3番目に大きな醸造所であるハーヒト醸造所。

そこから造られる、まろやか&優しい(らしい)テイストが楽しめるホワイトビールを飲んでいく。

調べてみると、「ワールド・ビア・アワード2017」って大きなコンテストで金賞を受賞している何気に凄い一杯。

受賞歴は凄いのに調べてもあんまり情報が出てこない、謎が多いビール。

白と水色の軽やかなデザインからスパイシーな味わいが楽しめるってことで、果たしてどんな展開を迎えるのか。

アルコール度数は5,1%。

330mlでお値段299円(税込み)。

ってことで早速ながらグラスへ注いでいく。

スポンサーリンク

まさしくホワイトビール。王道オブ王道な白く濁りのあるビジュアル。

泡は意外にも目が細やかで、もったりと重厚な感じもある。

3分以上はグラスでしっかりと層を保ってて、ホワイトビールにしては泡がきちんと存在感を示してる。

そんでもって香りを確認。

ぬま

はちみつレモンみたいな甘~い香りが…。

グラスに鼻を近づけると、甘く、そして軽やかな柑橘系の香りがフワッと漂ってくる。

コリアンダーシードとかの香辛料が薫るホワイトビールとは異なり、優しく・心地よく刺激してくれるのがGOOD!

重厚な泡で香りが若干ながらセーブされてる感はあるものの、申し分ない香り。

そのまま飲んでみると…

ぬま

意外にもクリアで飲みやすいぞ!

口に含めた途端、はちみつレモンの香りがフワっと鼻を抜けていく感覚が。

ホワイトビールらしからぬ優しいファーストコンタクトに驚きつつ、そのまま一気に飲み進めていくと、クリーミーな泡がマイルド感を与えてくれることに気付く。

ただでさえ優しいのに、追い打ちをかけるようなマイルド。まさに優しさの波状攻撃。

けど、のどを通るときには意外にもアッサリしていて自然とゴクゴク飲み進められる不思議な造り。

若干ながら、コリアンダーシード&オレンジピールのピリッとした感じがあるけど、正直言ってマイルドの圧勝。

今までのホワイトビールとは少し違った優しい味わい。

流石「ワールド・ビア・アワード 2017」の金賞を受賞するだけのことはある。