今回は『スカルピンIPA』をご紹介。

アメリカのカルフォルニア州にある「バラスポイント」ってブルワリーが造る一杯。

もともと小さなブルワリーだったのが、徐々に規模を拡大。

とある有名なビール評価サイトでは100点満点を獲得するなど、世界的にもかなり高評価を得ているのが今回のビール。

ぬま

IPA好きには歓喜ですな。早く飲みたい飲みたい飲みたい……

なんとホップを5段階にも分けて投入する手法を取り入れているらしく、これがホップを更なるステージへと引き上げるんだとか。

ぬま

早く香りを確かめたい確かめたい確かめたい………

スカルピンとはサンディエゴ沿岸に生息するカサゴのことらしい。

アルコール度数は7%。

355mlでお値段556円(税込)。

ってことで、いよいよグラスへ注いでいく瞬間。

オレンジ色に少しダークブラウンが混じったようなビジュアル。

濁りも若干あって、グラスの向こう側がぼやけるほど。

泡はいかにもIPA!って感じ。目の粗い割にモチモチ感があって数分はしっかり持続する。

そんでもって香りを確認。

ぬま

んん!?香りはそこまで感じないぞ……

こりゃ驚いた。IPAと言えば底抜けたフレッシュでフルーティーな香りがするものも多い。それに魅了されてワイも大ファンになったのだ。

にも関わらず、『スカルピンIPA』はそういった主張が一切ない。

いや、正確にはある。あるけど、「ほんのり漂うシトラスっぽい香り」だけだ。

これは今までに嗅いだIPAとは一線異なるぞ。

スポンサーリンク

「あぁ、僕は皆さんみたいな一般ピーポーとは違うので(笑)」とでも言いたいのだろうか。

まぁとにかく味を確かめてからにしよう。ってことで飲んでみる。

ぬま

あぁ、なんだよメッチャ突き抜けてくるじゃん

今までのおしとやかな感じは何だったのか。

口に含めると、まさにIPA!THE王道ともいえる柑橘系のフレッシュな香りが広がっていく。

まさに辺り一面の景色を一変させるかのよう。

ただ、その香りも次第に甘みへと変化していく。

そう、今まで散々暴れたい放題やってたにも関わらず、ふとした時を境に、急にデレがやってくるのだ。

この甘みのお陰で、次の1口で再度訪れる苦みがより一層引き立てられるってもんよ。

素晴らしい。苦み一辺倒にならず最後まで楽しみ続けられる造り。

ラベルのデザインは置いといて、味に関してはピカイチ。是非とも飲んでみてほしい。