実は故障していた一眼レフがやっとこさ戻ってきたので、スマホでの撮影が終了したのよ。

昨日から画質が良くなったの気が付いてくれた?

ってことで今回は『オラホビール -アンバーエール-』をご紹介。

昨日からスタートしたオラホビールシリーズ第2弾!

2日目は赤胴色に輝くエールタイプを頂いていくぜ!

ジャパンビアカップをはじめ、数々の賞を獲得している実力派ブルワリー。

他の作品も頂いてるんだけど、ここの会社のビールはホップの使い方が凄いのなんのって。

俺みたいなホップ中毒者は絶対に好きだろう!って感じの味わい。

アルコール度数は4,5%。

350mlでお値段470円(税抜き)。

ってことでグラスへ注いでいく。

ご覧の通りですよ。まさにアンバーエール。

綺麗に輝くブラウン。重厚でどっしりとしたビジュアル。この色を見てそそられない人はいないだろう。

泡は目が粗く、1粒1粒が大きいんだけど、持続力はバッチリ。

まったく衰えることなくグラスで存在感をアピールし続けてくれる。

そんでもって香りを確認。

スポンサーリンク

ぬま

モルティですね~いぶし銀ですね~

これよコレ!

炒ったような麦芽香。コーヒーのような苦みを含んだ香りも。

更に凄いのは、いぶし銀な香りのなかにもフルーティさもある。

最後に華やかなテイストがあることで、このビールに奥深さが出ている。

そのまま飲んでみると…

ぬま

カラメルの味と強めのフルーティーさが特長だな

まず初めに訪れたのがカラメルの味わい。

これぞアンバーエール。赤銅色のビジュアルからスモークされた麦芽の味わいが絶妙。

さらには、後から訪れるフルーティーな香り。これが結構効いててパンチ力がある。

ただ、最後の最後はアッサリしてるお陰で飲みやすいというか、次の1口をトントン運べる。

アンバーエールのなかでも、かなりフルーティーな部類だと思う。

これだけホップを効かせてくるあたり、さすがオラホビール。

ホップLOVEな人間にはたまらん仕様だぜ。