イタリアではビールは食前・食後酒らしい。なぜだ。食事と共に頂いても良いのではないか?ワインに頼り過ぎなんじゃないか?

ということで、今回はイタリアの『モレッティ・ラ・ビアンカ』をご紹介。

以前紹介したモレッティと同じシリーズ。

「ビアンカ」はイタリア語で「白」。「ラ」は「THE」って意味。

ぬま

つまりはモレッティのホワイトビールVerだな

モレッティ自体は1860年に発売されてて、約160年経った今ではイタリアを代表するビールへと変貌を遂げる。

イタリアンの店行くと、結構な頻度でモレッティ&モレッティ・ラ・ビアンカを見かけるからな。

この人気はイタリアだけじゃなく、世界中にも発信していると言えよう。

アルコール度数5%。

330mlでお値段359円(税込)。

ってことでグラスへ注いでいく。

ホワイトビールらしい、少し濁った黄土色っぽさのあるビジュアル。

そして濁ったビールにピッタリと蓋をするように、濃密な泡が層をなしている。

キメ細やかで、持続も申し分なし。

スポンサーリンク

そんでもって香りを確認。

ぬま

むむっ!少しピリっとした香りがするぞ…

ホワイトビールらしい、香辛料のようなピリッとした感覚が鼻を刺激する。

ただ、重厚な泡に隠れて刺激自体は穏やか。

更に香りを堪能してみると、甘くてまろやかな感じも漂ってくる。

ピリッと&甘まろやか。相反する香りがイイ感じにマッチしてる。

そのまま飲んでみると…

ぬま

おぉ!意外にもまろやかな造りじゃん!!

コリアンダーシード&オレンジピールのピリっとした感じかと思ったけど、想像以上にまろやかな味わい。

最初にピリッとした刺激があるけど、軽いジャブ程度。

後から広がるのは、まろやかな口当たりから繰り出されるバナナのような香り&甘み。

苦みもかなりセーブされているから飲みやすいのなんのって。

バナナっぽい香り&味わいが長く続くのも、まろやかな口当たりのお陰かな?

ホワイトビールっぽくないと言えばそうだけど、これはコレで十分あり。アリありの有りだ。