不定期更新になってから早くも1週間。

予想通り仕事が激務というか色んな意味でヤバい状態。

クタクタになりながらもつかの間の休日をエンジョイすべく訪れたのがコチラ。

『MAKUHARI BREWERY』

京葉線の海浜幕張駅から徒歩15分。

このブルワリー近辺が開発工事をしてる関係で、未だ交通機関が整ってないから若干遠かったけど、ずーーっと前から気になってたブルワリー。今日は日頃のストレスを解消に解消しまくってやるぜ。

ちなみに道中はこんな感じ。イオンのお洒落な感じのやつが出来るのかな?とりあえず工事&工事してた。

工事現場の壁にはこんな写真が。皆のライフスタイルにクラフトビールがもっともっと馴染んでいくことを願うばかり。

では改めて。

入口はこの画像の左側の木枠。真ん中のデカい木枠は別のお店っぽい。

ぬま

くぅ~~。こっから覗いただけでお洒落な雰囲気がバンバン伝わってくる

シンプルなんだけどカッコイイ。そしてお客さんもお洒落。立地的にここら辺に住むブルジョア達なんだろう。

若干の場違い感に包まれながらも店内へGO!!

ぬま

ひゃえ~~。店内にタンクがある……

大きなガラス張りでしっかり見せてくれるのもGOOD!こうすることでクラフトビールを深く好きになるキッカケになるんじゃないか?

そして改めて店内を見渡すとお洒落。木を基調とした落ち着いた空間で、混んでるんだけど落ち着いた印象を受ける。

タップするところはこんな感じ。

そしてメニューを見ていく。

幕張ブルワリーで造る4種のクラフトビール。そして海外の輸入クラフトビールが常時ある仕様。

ぬま

最初の1杯目を決める時間って至高だよな

ふと足を運んだブルワリー。何があるのかわからない状態。初見で今の自分の気分に合うビールをチョイスし、更には2杯目3杯目と何にするのか流れを描いていく。

この時間が大好きでブルワリーに行くのですよ。

ってことで吟味した結果がコレ。

スポンサーリンク

【幕張ブルワリー ブロンドエール】

つまみと合わせて頂いていく。

ぬま

はぁ~~。1週間頑張ってきて良かった……

1口飲んで思わず目を閉じる。

スッキリとした味わい。そして後から広がってくるフルーティーな香り。

ここからスイッチが一気に入る。そしてグラスを運ぶ手が止まらなくなるのだ。

ぬま

ナッツの塩とマッチしてて進む進む!

あっという間に飲み干してしまう。そして2杯目に移るのだが、気になるものを発見してしまった。

ぬま

コーヒースタウトってなんだ!?

コラボビールらしいんだけど、コーヒーを使ったスタウト。

250mlで918円と、結構なお値段だけど、今の俺に躊躇とか二の足を踏むという文字はない。気が付いたら注文していた。

【幕張コーヒースタウト】

これが凄かった。コーヒーのほろ苦さがガンガン広がってくるんだけど、それと同時にフルーティーな香りも漂うのよ。

キメ細やかな泡も素晴らしいポイントの1つ。まろやかな口当たりから訪れるほろ苦さ&フルーティーのギャップが楽しめる。

スタウト飲んでる人は絶対に注文したほうが良い。これは感動する。

これもあっという間に完飲。

そして最後の1杯へと歩み進んでいく。

今更感が凄いけど、このタイミングで分布図みたいなやつを見る。そして俺の中で定番のやつに決定。

ぬま

やっぱ最後はIPAでしょ!1番苦いやつにしよ

IPAだけでも3種類くらいあったけど、そのなかでも1番苦い(IBU85)をチョイス。

ぬま

あぁ……ホップの苦みが優しく広がっていく……

ここまでの2杯が高クオリティだったからね。大好きなIPAが美味しくない訳ないんですよ。

決して激しくない。でも、確かに優しく広がっていくホップの苦み。そして後から抜けていくフルーティーなで爽快な香り。

店内に流れるジャズも落ち着いた雰囲気をより一層演出してくれる。

ランチの時間帯でかなり混んでいたんだけど、それでもゆっくりできる空間が本当に心地よかった。

素敵な時間を過ごした後、気が付けばエンジェルリングが。これもまた至高だよな。

ってことで夢だった『幕張ブルワリー』の紹介は以上。

夜に行くと雰囲気が違うのかな?また時間を見つけて行ってみよう。