今回は『九十九里オーシャンビール -ペールエール-』をご紹介。

我が千葉県を代表する九十九里発のクラフトビール。

この九十九里オーシャンビールシリーズは、当然ながらいくつか紹介してきたんだけど、今回は王道オブ王道のスタイルを紹介。

ぬま

水がエエから美味しいのよココは

地元のビールってことでだいぶ贔屓目が入ってるけど、んなーことは関係ない。美味しいもんは美味しいのだ。

造っているのは寒菊銘醸。

ドイツ・フランス・イギリスと歩き回り、研究を重ねた作り手によるビールをいざ頂く。

アルコール度数は5%。

330mlでお値段351円(税込)。

ってことでグラスへ注いでいく。

ペールエールにしてはかなり色が濃い。

アンバー?琥珀色?ブラウン?とにかく濃厚そうなビジュアル。

泡も目がメッチャ細やかで、かつ持続もバッチリ。

力強く、かつ白い泡が濃い色合いのビールと絶妙なコントラストで映えますな。

そんでもって香りを確認。

スポンサーリンク

ぬま

むむ!?バナナみたいな香りがするぞ

これはヴァイツェンか?

そう思わせるほど、バナナのフルーティーな香りが広がってくる。

落ち着きながらも華やかに、そして軽快に鼻をつついてくる感覚がある。

そのまま飲んでみると…

ぬま

どっしりと落ち着いた味わいから、フワ~っと抜けていくバナナ香がたまらん

口に含めると、どっしりとした味わいが。

まさに重厚。キャラメルのような甘みがズシズシと染み渡っていく。

ただ、その後に訪れたのがバナナのフルーティーな香り。

これぞペールエールだ!と言わんばかりの華やかで軽快で優雅な香り。

最初があまりにズッシリだったから、香りの軽快さがハンパないったらありゃしない。

余韻として残るキャラメルの甘みを感じながら、スーっと抜けていくバナナ香を噛みしめる。

思わず目を閉じて堪能してしまうぜ。

さすが俺の地元である千葉県で造るビール。九十九里に行けばいつでも飲めるんだぜ!羨ましいだろ。