今回は『クローネンブルグ ブラン』をご紹介。

フランスでNo,1と呼び声高いクローネンブルグ。

そんなブルワリーから甘い柑橘系の風味が飲みやすいホワイトビールが登場。

ラベルに書いてある通り、1664年にブルワリーが設立。

現在はあの有名なビールメーカーであるカールズバーグが所有してるらしい。

アルコール度数は5%。

330mlでお値段435円(税込)。

ってことでグラスへ注いでいく。

ホワイトビールらしく、白く濁ったビジュアル。

グラスの向こう側は全く見えない程の濁りで、コレを見るだけでヴァイツェン系を愛するユーザーは感無量なわけさ。

泡は軽やか。目が細やかなんだけど持続はそこまで。1~2分ほど。

そんでもって香りを確認。

ぬま

フルーティーなんだけど、どこか甘いな……

これは意外。

スポンサーリンク

白ビールっていうとコリアンダー(香辛料)とかオレンジの皮の香りがすることが多いのよ。

でも、このビールにはそれがない。

むしろ甘い香りがどこからか漂ってくる。

甘さを含んだフルーティーな香り。白ビールにしては珍しいな。

どれどれ。お味の方はどんなもんだろうか。

ってことでそのまま飲んでみる。

ぬま

おぉ……白桃の味が上品に漂ってくるぞ……

口当たりはまろやか。

その後に広がってくる白桃のフルーティーで甘さを含んだ味わい。

この白桃の味わいが上品で素晴らしいのなんのって。

そこまで主張は強くなんだけど、炭酸が若干強いせいか、尻上がりに桃の味わいが強まっていく感もアリ。

これは白ビールにしては珍しい味わいだな。

まろやかで白桃の甘み広がるホワイトビール。フルーツビールに近い感覚で飲めそうだ。