久々にJ-CRAFTを紹介する気がする。

今回は『J-CRAFT -華ほの香 日向夏の風-』を頂く。

「ブルワリーでしか味わえない、出来立てのおいしさを全国へ」。そんな思いから立ち上げられたJ-CRAFT。

今のところ全部で6種類あって、各スタイルで造っているブルワリーが異なっているのも特徴の1つ。

今回の『J-CRAFT -華ほの香 日向夏の風-』はあの宮崎ひでじビール。

名産でもある日向夏をふんだんに使ったビール。日向夏にビールを組み合わせようと思った発想が凄い。

ブルワリーの味わいをなるべく落とさぬよう、10℃以下のチルド輸送。自宅に届いた後も冷蔵庫に入れておくんだぞ。

アルコール度数は5%。

330mlでお値段498円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

見よ、このビジュアルを。

濁りを含んだ黄土色の輝き。目が粗くともしっかりと持続する泡とのコントラスト。

もう少しクリアな色合いを想像してたけど、これまた斜め上を行く意外性ある出で立ち。

スポンサーリンク

注ぐ前に「こんな感じなのかな?」なんて想像しながら、実際のギャップを楽しむことも、クラフトビールの醍醐味の1つ。

そのまま香りを堪能してみると…

ぬま

おぉ!!柚子みたいな香りがメッチャする!!

実はグラスに注いでる時から感じてたんだけど、改めて薫ってみると驚くほどフルーティーな香りがバンバン漂ってくる。

日向夏って果実だけど、例えるなら柚子に似た香り。

それがブワッと鼻を強烈に刺激してきて視界が一気に広がっていく感覚。

宮崎の香り -日向夏-と似た香りを感じる。

果たして味わいはどんなものか。そのまま飲んでみると…

ぬま

メッチャ爽やかでフルーティーな味がするんだけど…とにかくフレッシュ!

口に含めた途端広がっていく柚子のフルーティーな香り。

ぶわっと広がりつつ、ほのかな甘みと酸味も感じられてフレッシュなのだ。とにかく。

まるで高原のお花畑で優雅に花を摘んでいるような。そんな感覚に俺を招き込もうとしてくる。

飲み進めていくごとに柚子の香りが強みを増していき、気がつけば口になかは柚子で一杯に。ビバ柚子。

柚子(正確には日向夏だが)を全面に感じたい柚子中毒者にとってはピッタリの一杯。

更にはフルーツビールが好きな層にもウケそう。

J-CRAFTシリーズは店頭でそこまで見かけないレアな商品だから、発見した際には逃さずゲットした方が良いだろう。