Twitterで散々見かけてた商品。

飲みたい飲みたい飲みたい……って思ってたらイオンで発見したので。歓喜のレビューをしていきまっしゅ。

今回は『ベアレン・シュバルツ』をご紹介。

岩手県に醸造所があるベアレンブルワリー。

実は当ブログでも、ちょうど1年前あたりにベアレンのビールは紹介した気がする。

バレンタイン&ホワイトデーのプレゼントにビールという提案をした記事

この時、紹介した「ベアレン・クラシック」「チョコレートスタウト」が群を抜いて素晴らしい味わいだった。もうとにかくビックリ。

そんな感じで、ベアレンブルワリーの他シリーズも飲んでみたい飲んでみたい…と思って早1年近く。

遂にシュバルツと出会うことが出来たのだ。

普通の黒ビールとは違い、スッキリとまろやかな口当たりが特徴になっている模様。

アルコール度数は6%。

330mlでお値段365円(税込み)。

ってことでグラスへ注いでいく。

グラスだと真っ黒だけど、液体自体は濃いブラウン。

その証拠に、グラスの細い部分は若干ブラウンぽくなっているのが確認できる。

泡は目が粗めで持続はそこまで。2分ほどで全て消えて無くなるほど。

そんでもって香りを確認。

ぬま

芳ばしいな~おい!芳ばしいぜ全く!!

麦芽を炒ったような芳ばくスモーキーで、バーベキューな香りがプンプンしてくる。

けど、どこか甘みを含んでて、それがこのビールに優しい印象を与えてくれる。

ただ単にいぶし銀で一辺倒じゃない。優しさが内包されているんだと。

これは凄い。さすがベアレン。この時点で秀逸な一杯だと予感させてくれる。

よし。これは身を清めていこう。

無心のまま飲んでいくことに。

ぬま

甘い。苦くない。なんて飲みやすいんだ

黒ビール=苦いというイメージは誰が造ったのだろうか。

スポンサーリンク

己の狭い了見で物事を決めつけるのは止めてくれ。改めてそう言いたい気分だ。

何というんだろう。このチョコのような甘み。そして控えめな苦み。

まろやかな口当たりから広がっていく甘みは、淀みなく真っすぐに、ただ実直に俺の脳みそへ訴えかけてくる。

「本当の僕を見てくれ。ほら、甘いでしょ?」と。

そうだ。甘いのだ。苦みなんてこれっぽっちも感じない。あるのは受け入れを待ち望んでいた甘いチョコのテイスト。

ふわっと軽やかに。そしてすぐに次の1口を求めたくなる。

中毒性があるぞコレは。飲めば飲むほど口が甘さで一杯になる。

そして飲み終わるころには甘みで頭の中まで一杯。

下らぬ理由で黒ビールを敬遠する愚かどもよ。そのまま損を重ねるつもりか。早まるでないぞ。