今回は『アサヒ・クラフトスタイル -アメリカン-』をご紹介。

昨日に引き続き紹介するのはアサヒから10月23日に発売されたシリーズ。

クラフトビールをイメージして造られた新ジャンル。

斬新かつ安価そして昨日の「ブリティッシュ」で感じた高いクオリティ。

新ジャンルが日本のビール界を制するにも近いのか。それほどまでに驚かされた一杯だっただけに今日の「アメリカン」も自然と期待が高まる。

ぬま

なんて言ったって大好きなアメリカンペールエールだからな

何が嬉しいって、あのアメリカ西海岸発祥のアメリカンペールエールをイメージして造られたのよ。

アメリカらしく、わかりやすい香り・味が印象的でなんとも大好きなんだけど、それが108円で楽しめる素晴らししさ。

どこまで近づいているんだろうか。今夜はそれを検証していく。

アルコール度数は5%。

350mlでお値段108円(税抜き)。

ってことでグラスへ注いでいく。

これですよ。アメリカ西海岸のペールエール。

少しオレンジ色の入ったクリアなビジュアル。

泡は若干粗くてシュワシュワした感はあるけど、見た目だけで言えば完成度は高い。

そして香りですよ。アメリカンペールエールの激しいホップをどこまで再現してくれているんだろうか。

発泡酒だろうと第3のビールだろうと手加減はいらんのだぞ。思い切って我が肝臓にぶつかってきてほしい。

ってことでそのままグラスを近づけていく。

ぬま

くっ……西海岸が遠い…… 

勝手に期待を高め過ぎたか。まぁ第3のビールに本場のアメリカンペールエールを求めたのが悪かったか。

香りは正直言うと、ほとんど感じず。

ホップの爽やかな香り?フルーティーな香り?が若干漂ってくる程度。

第3のビールだから致し方なしだな。逆に本場顔負けの香りを繰り出されたらビビる。

ってことで気を取り直して飲んでみることに。

ぬま

あぁ凄い。ちゃんとフルーティーな味わいになってる

こりゃ驚いた。思った以上にフルーティーな感覚があるぞ。

スポンサーリンク

まるでザ・プレミアムモルツ -香るエール-に似た味わい。

まろやかな口当たりから、若干の甘みと、その後にフッと抜けていくフルーティーな香り。

えぇ!?どういうことですか?エールビールっぽいんだけど苦みはほとんど感じないから、ビールの苦みを敬遠する人でも美味しく飲めると思う。

素晴らしい。この値段でこのクオリティ。これは是非とも通年販売してほしい一杯。